サイタ英会話教室英検対策講座英検準2級広島 マツイ準2級 スクールブログ 数学検定の結果...

数学検定の結果を受けて。

 今日、インターネットで、この前
受けた数学検定準2級の合否を見たら、
合格していました。
 うれしいと思う一方、これくらいで満足
してはいけない、と思いました。
なぜなら、私はアメリカでも中堅大学のシラキュース
大学を卒業、しかも数学専攻でです。
 それより2年前には、世界大学ランキング12位
のUCLAにも留学していました。
 ですから数学検定1級を受けてもおかしくありません。
しかし今の数学の実力は準2級くらいです。
それで、遅ればせながらも、これから1級に
向けて勉強しようと思います。
 その第1歩として、11月に2級を受けようと
思います。今回の準2級合格は、数学を究める
ための出発点だと考えています。

 

(2015年8月17日(月) 18:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

UCLA含む米国5大学に留学!文法・語彙問題にお悩みの方、必見です

新着記事

 最新の「世界大学ランキング」 が発表されました。  1位はやっぱりCaltech(カリフォルニア工科大学) でした。テレビ番組"Big Bang Theory" の影響かなと思ったりもしました。  日本では不動の地位の東大も、世界では 43位でした。  私が留学したUCLAは1...

「向こうで走っている少年は私の兄です。」 を英語にしてみましょう。 "The boy running over there is my brother." ここで、"running"は現在分詞「走っている」という意味です。 一方、 "The company run ...

"dish"は「皿、(複数形)料理」 で、「ディッシュ」と発音する、と 覚えていました。  しかし、先日、幼児用の英単語CD を、たまたま、聞いていたとき、 発音が違うことに気づきました。  「ディッシ」 と発音していました。  確かに、この単語は"sh"で終わって...

 誰にでも不得意な教科という ものがあるものです。それを征服 するためには、どうすればいいでしょうか。  答えは1つです。基礎からやり直すことです。  私は31歳のとき、日本に帰って来ました。  32歳から34歳の2年間、私は塾で英語を 教えていました。  そのとき、私がしたこと...

 いろいろな合格体験談を読んで いると、どの勉強法もすばらしく 感じます。  しかし、その中には、自分に 合ったものと、そうではないものが あります。  他の人の勉強法は、あくまでも 参考程度にし、自分のやり方を 自分で見つけるのが一番です。  そうすれば、たとえ失敗しても ...

ブログ記事 ページ先頭へ