全国5万人が受講している「サイタ」

英検準2級対策講座・スクール

英検準2級対策講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室英検対策講座英検準2級広島 マツイ準2級 スクールブログ ネイティブに&...

ネイティブに"might as well~as・・・"と言って、通じるか?

"You might as well throw money away
as lend it to him."
(彼にお金を貸すのは、捨てるようなものだ。
貸すぐらいなら捨てたほうがましだ。)

と言った例文を問題集などでよく見かけます。

しかし、これを実際にネイティブ・スピーカー
に言うと、首をかしげます。恐らく古い言い方
で、現代では、もう、使われていないようです。

では、試験に出たら、どうすればいいでしょう。

今までどおり、"may(might)as well~as..."
と書けばいいと思います。

しかし、実際に外国人に言う場合は

"You might as well throw money away
if you lend it to him."

と言ったほうが通じると思います。

いい加減、受験英語から古い表現を
のけてほしいですよね。

 

(2015年6月11日(木) 23:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

UCLA含む米国5大学に留学!文法・語彙問題にお悩みの方、必見です

マツイ準2級
松井宏之 (英検準2級)

広島・横川・新井口・五日市・八丁堀・紙屋町東・十日市町

ブログ記事 ページ先頭へ