全国5万人が受講している「サイタ」

英検準2級対策講座・スクール

英検準2級対策講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室英検対策講座英検準2級広島 マツイ準2級 スクールブログ 日本語と英語で...

日本語と英語での「絶望的」"desperate"の違い。

 日本語で「絶望的」というと、すべての手段は
講じられて、もう何もできない状態をいうことが
多いです。
 しかし、英語では、「絶望」という言葉を使って
も、まだ、何か頑張っているようです。
(例)
 He made desperate efforts to succeed.
(彼は成功しようと、必死の努力をした。)

He was desperate for a job.
(彼はやっきになって仕事を探した。)

こう見ると、英語を話す人達は、「絶望」
といっても。まだ、しつこく頑張るようですね。

 

(2015年3月2日(月) 23:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

UCLA含む米国5大学に留学!文法・語彙問題にお悩みの方、必見です

マツイ準2級
松井宏之 (英検準2級)

広島・横川・新井口・五日市・八丁堀・紙屋町東・十日市町

ブログ記事 ページ先頭へ