サイタ英会話教室英検対策講座英検3級広島 マツイ英検 スクールブログ なぜ、英語には...

なぜ、英語にはsの音が多いのか?

 英語を習い始めた頃、複数形の[s]や三単現の[s]を付けるのを忘れませんでしたか。
心配しないでください。英語がかなりできる人でも、三単現のsを忘れることが
よくあります。とにかく、英語では、よく[s]を付けることが多いと思いませんか。

 私が上智大学の国際部にいた頃、英文学の講義を取ったことがあります。
先生はドイツ人の男性でした。発音はドイツなまりでしたが、ネイティブより
英語をよく知っていました。

 その先生によると、英語を話す人たちにとって、[s]の音は耳に心地よい
そうです。ですからイギリスの詩人の中には、意識的に[s]のある単語
を詩の中に入れたそうです。大昔の人たちも、無意識に[s]のつく単語を
多く話すようになったのかも知れませんね。

 

(2014年7月12日(土) 2:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

UCLA含む米国5大学に留学!中学校での英検合格率90%の実績で安心

新着記事

 日本語の「本」は、英語で、"notebook"と 言います。この"note"は「気づく、注意する」 という意味です。ですから、"notebook" とは、「気づいたことを書く本」、つまり、 日本語でいう「ノート」になるわけです。  ちなみに、この"note"から派生して、 ...

"Some"で始まる英文は、最初、 「何人かの人々は~」と理解しても、 訳すときには、「~する人もいる」 と訳してください。 (例) Some people think so. (そう思っている人もいる。) Some people don't know how to tr...

 "part"は「部分」という意味で 知られていますが、「役割」という 意味もあります。 (例) play a part=「役割を果たす」 その他にも"part"を使った熟語が あります。 take part in~=~に参加する =participate in~ ...

 英語を勉強していると、どうしても 外国人に話しかけてみたくなるものです。  私自身、若いときから、よく外国人 に話しかけて来ました。  愛想よく答えてもらうことが多い ですが、ときには冷たくあしらわれた こともあります。  では、どんなとき、話しかけるのが 自然でしょうか。 ...

 命令文の後に"and"が来れば、  「そうすれば」と訳します。  同様に、"or"が来れば、 「さもなければ」と訳します。 (例) Hurry up, and you can catch the bus. Hurry up, or you'll miss the bus. ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、英検3級レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ