音楽教室ギター教室エレキギター埼玉 ギタースクール・ホワットイフ レッスンノート

ギタースクール・ホワットイフレッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

ダイアトニックコードの成り立ちについて
キー=Cで、ダイアトニックコード7つを導いてもらいました。 長三度と短三度の関係性は、コードのメジャーorマイナーを決定づける部分です。 レッスンではCでやりましたが、他のキーでも基...
ダイアトニックコードと、曲のコピーについて
前半はダイアトニックコードと、コード進行について説明しました。 まずは調号から曲のキーを割り出し、導かれるダイアトニックコードにナンバーを振っていきます。 すると、曲の中にⅡm→Ⅴ7...
ひまわりの約束 / 秦基博
新たにアコースティックギターで、ひまわりの約束をレッスンしました。 A、D、Eのコードとコードチェンジをメインにやりました。 今日のレッスンでやったように、練習の時も歌を口ずさみながら、...
激動 / UVERworld
イントロ、Bメロ、サビ、サビ2等、フレーズを小節ごとに分けて、メトロノームに合わせてレッスンしました。 現時点での重要課題は、空ピッキングを織り交ぜてのオルタネイト、右手のリズムキー...
激動 / UVERworld イントロアルペジオ、カッティング
イントロのアルペジオをレッスンしました。 16ビートを基調としたアルペジオフレーズです。 オモテ拍とウラ拍を意識してリズムキープしましょう。 このフレーズのピッキングに関しては、 ...
Smoke on the water / Deep Purple
3回出てくるソロの速弾き部分、メトロノームに合わせて練習しました! 1回目の速弾きは前半部分はスピーディーに弾けています。 後半のポジション移動をする箇所でリズムがブレてしまうので、メト...
My Instant Song / MONOEYES パワーコードと右手ストローク
まずはコード進行をチェックし、パワーコードを押さえるレッスンをしました。 押さえる左手は、ミュート(消音)が肝です。 小指の腹や、人差し指の先端を使って、隣接する弦に軽く触れるように...
激動 / UVERworld イントロバッキングパート
16ビートの細かいフレーズで、右手は常にオルタネイトをキープします。 アタマ拍は空ピッキングがすることが多く、ウラ拍の16分音符をアップピッキングで弾くことでしっかりリズムをキープしましょ...
コードストローク時のピックの振り方、スケール練習とピッキング
コードを押さえてもらいながら、ピックを素早く振り抜くレッスンをしました。 弦を優しく弾く癖がついてしまっていると、コードストローク時に音のビート感やドライブ感が出しづらくなります。 ...
E、A、Fコードのフォーム
まず最初にEとAのコードをレッスンしました。 どちらのコードも押さている指をしっかり立てるようにして、他の弦に触れないようにしましょう。 一本一本弦を弾くようにして、鳴っていない弦が...

ギタースクール・ホワットイフのレッスンノート ・・・計141件

ギタースクール・ホワットイフ ページ先頭へ