サイタ音楽教室ギター教室エレキギター福島 渡邉翔悟のエレキギター教室 スクールブログ 音楽理論につい...

音楽理論について パート5

今回はダイアトニックコードとダイアトニックスケールについて話していこうと思います!

今回も分かりやすいようにキーはCメジャーで説明します。
コードには3つの音で作られる三和音と4つの音で作られる四和音があります。
今回は四和音で説明していきます。

読み方の〜度については後で説明していきます。

ダイアトニックコード
I△7(1度メジャーセブンス)
IIm7(2度マイナーセブンス)
IIIm7(3度マイナーセブンス)
IV△7(4度メジャーセブンス)
V7(5度セブンス)
VIm7(6度セブンス)
VIIm7(♭5)(7度マイナーセブンスフラットファイブ)

Cメジャーキーのダイアトニックコード
C△7
Dm7
Em7
F△7
G7
Am7
Bm7(♭5)
になります。

Cメジャーキーのダイアトニックスケールは
アイオニアン(メジャースケール)
C D E F G A B
ドリアン
D E F G A B C
フリジアン
E F G A B C D
リディアン
F G A B C D E
ミクソリディアン
G A B C D E F
エオリアン(マイナースケール)
A B C D E F G
ロクリアン
B C D E F G A
になります。

それぞれ、左のスケールから右のコードが作られています。
アイオニアンスケール=I△7
ドリアンスケール=IIm7
フリジアンスケール=IIIm7
リディアンスケール=IV△7
ミクソリディアンスケール=V7
エオリアンスケール=VIm7
ロクリアンスケール=VIIm7(♭5)

これは今回の場合はCメジャースケールを右のコードが鳴っているときに弾くと左のスケールとして考えるという方法です。
ジャズやフュージョンなどの音楽で使われる考え方になります。

スケールにはコードの響きを邪魔してしまうアボイドノートと呼ばれる音があります。
弾いてはいけない音ではないのですが、多く使いすぎたり、長く伸ばすと間違ったように聴こえる音です。
これはスケールごとに違うので、次回解説していきます。

今回はダイアトニックスケールと、ダイアトニックコードの種類を覚えていただければと思います!




 

(2020年6月13日(土) 10:09)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ロックやハードロック、ヘビメタの速弾きなど、テクニカルな演奏が得意!

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

今回はダイアトニックコードとダイアトニックスケールについて話していこうと思います! 今回も分かりやすいようにキーはCメジャーで説明します。 コードには3つの音で作られる三和音と4つの音で作られる四和音があります。 今回は四和音で説明していきます。 読み方の〜度については後で説明...

今回はコードとスケールの関係について説明をしていこうと思います! 分かりやすいようにキーをCで説明していきます。 キー:C(ドレミファソラシ) スケール イタリア読み ド レ ミ ファ ソ ラ シ 英語読み C D E F G A B コード Cメジャーコ...

今回はメジャースケールについての話をしようと思います。 音楽理論について パート1で少しだけ紹介しましたが、まずメジャースケールについて話していきます。 メジャースケールは音名でいうと キーがC(ド)の場合 イタリア読み ドレミファソラシ 英語読み   CDEFGAB...

前回のパート1では音名が12個ありますという話をしました。 今回はその音名を組み合わせて同時に鳴らした時に作れるコードの種類について話していこうと思います。 コードの種類 メジャー(セブンス) M/M7 マイナー(セブンス) m/m7 セブンス ...

今回は音楽理論についての話をしようと思います! 音楽理論を勉強する時に知っておく必要があることを紹介していこうと思います。 1.音名が12個あること 2.コードに種類あること 3.メジャースケールがあること 4.楽器のどこを弾けば何の音がでるかがわかること この4つをま...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ