サイタ音楽教室ギター教室エレキギター神奈川 ギタースクール・Roots スクールブログ ギターを弾く前...

ギターを弾く前の約束事~Part2~

ハイっ今日は前回の続きの約束事シリーズPart2です♪

超~基礎レベルの内容なので「しってるわ!!」って方は今回も飛ばしちゃってください !≡≡≡ヘ(*--)ノ


前回記事のチューニングはできるようになりましたか??

前回の内容を覚えていない方は前回の記事から読んでくださいね^^

C       ド
D       レ
E       ミ
F   =   ファ
G       ソ
A       ラ
B       シ
C       ド


でしたよね☆

で、今回はドレミの配列について


まずはコレ↓

+++++++Λ+++++++++Λ+
C D E F G A B C
+∪+∪++∪+∪+∪++++

※∪=1音
 Λ=半音


何のことか意味不明ですね(^^;

コレはC(ド)からD(レ)・D(レ)からE(ミ)までどれだけ離れているかってことを書いたものなんです。

ギターという楽器は1フレットボディに近いほうのフレットを抑えると半音高い音が出ます。
逆に下がると半音低い音が出る。

つまり音程を1音上げるためには2フレット(半音+半音)移動すればいいんですよね。

上の図からCの音からDの音までは1音の距離があることが分かると思います。

なので・・・

Cの音から2フレット移動すると・・・

「D(レ)」の音が出るってわけなんですね♪


コレの原理を知っていればどこに何の音があるか分かりますよねヽ(=´▽`=)ノ

例えば6弦の5フレット。


6弦開放(0)の音はEでしたよね??

なのでE(0フレット)から上の図にそってひとつづつフレットを移動させていけばいいんですよ。

5フレットまで移動すると・・・・

「A(ラ)」ですね。

じゃあ6弦7フレットは・・・

Aが5フレットだからB(シ)になりますよね。




なんとなく理解できましたか??

文面だとちょっと伝わりにくい箇所もあるかと思いますので続きはレッスンで see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

 

(2010年5月20日(木) 15:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マーティ・フリードマンなど共演者多数!大きな壁も一緒に越えれば効率的

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

時が過ぎるのは早くもう2月半ば・・・ ブログも結構放置しちゃいましたね^^; 現在大きなイベントに向け下準備をドタバタとしてます。 で、今日はそのイベントの詳細が決まったのでお知らせです。 「エマージェンザJAPAN SEMIFINAL」...

REVOLTホームページなどで既に知ってる方もいらっしゃるかと思いますが、 12月29日発売の音楽雑誌「Player」2月号にて、編集部のコメント付きでREVOLTが紹介されました。 表紙はエアロスミスで写真の感じです。 書店にいったら探し...

新しい年を迎え、これから新しいことを始めようとお考え中の皆様に嬉しいお知らせです。 なんと 1月中に無料体験レッスンをお申し込みの方、先着500名様まで入会金(8000円)が無料に!! これは大きいですよ。 スクール運営元のCyta....

新年明けましておめでとうございます。 2012年、新たな年のはじまりです。 2011年も忙しく駆け抜けてきましたが、今年もより忙しくなりそうで楽しみです。 そして、今年も多くの方と出会えることを心から楽しみにしてます。 ------------...

みなさん、Facebook使われてますか?? 自分も今年に入ってから使い出して今回我がBAND・ REVOLTのFacebookページが新しくなりました(^O^)/ サンプル音源も聞けるし、動画も。 LIVE情報もあげてく予定です。 U...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ