サイタ音楽教室ギター教室エレキギター神奈川 エレクトリックギターランド スクールブログ 上手く聞こえる...

上手く聞こえるちょっとしたポイント

ギターは楽器だから当然音階があります。

押さえるところによって音階が変わるのですが、ピアノとは大分違って押さえ方によって音がシャープ(高くなる)することがよくあります。

シャープすると音がうわずって聞こえ「なんか変だなー」て印象を聞く人に与えてしまうので、できるだけ違和感の無い音階で弾けるように練習する必要がありますね。

練習方法は実際にプロが弾いてるとても簡単なメロディーを自分で弾いてみることかなー。
後、押さえるときには力まないこと。力むと指に力が入りすぎて軽くチョーキングした状態になりがち。

弾いたメロディーを録音してみて、耳をよーく凝らして音階に注意しながらプロの演奏と聞き比べてみてください。
きっと違いがわかるはず。

以外に、プロとアマチュアの違いって「凄いテクニックで弾ける!」ってことではなくて、こんなことだったりするんですよー。




 

(2010年4月21日(水) 2:19)

前の記事

この記事を書いたコーチ

15年のプロギタリスト経験が“あなたにあった音楽ライフ"発見の手助けに

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギターは楽器だから当然音階があります。 押さえるところによって音階が変わるのですが、ピアノとは大分違って押さえ方によって音がシャープ(高くなる)することがよくあります。 シャープすると音がうわずって聞こえ「なんか変だなー」て印象を聞く人に与えてしまうので、できるだけ違和感の無い音階...

同じギターでも、弾く人によって全く音が違うんだよねー。 ピッキングの強弱だったり、角度だったり、押さえ具合なんかで音色が微妙に変わっていくんですよねー。 あとは弦の太さ、ピックの硬さなんかも音にとっても影響するんですよー。 弦が太ければコシのある音になるし、ピックが硬ければエッジ...

エレクトリックギターランド講師の浪越タツオです!! エレクトリックギターランドの名前は、僕の大好きなギタリスト「ジミ・ヘンドリクス」のスタジオ「エレクトリックレディランド」を参考にしましたー。 大好きなジミヘンが音楽に没頭して素晴らしい音楽を造っていったように、生徒の皆さんと一緒に...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ