サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 上田康弘ギター教室 スクールブログ ギターの音作り

ギターの音作り

日頃からギターの音は自分自身の手だと言ってはばからないですが、とは言っても音作りが悪いと台無しになることもあります。

一緒に演奏するメンバーや、曲によって音を変えることも大事です。

メンバーが変わると当然周りの音も変わるので、その周りの音に合わせた音作りは必要です。

そして勿論あまり歪みのいらない曲で歪ませまくったり、大音量で弾いて曲の雰囲気を損ねる場合もあります。

周りの音や、楽曲に合わせながら、その中で自分を主張しましょう!

ギターの音作りギターの音作り

(2019年1月22日(火) 16:58)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

どうやったら耳コピが出来るかまた明日! なんて書きましたがそんなんすぐ分かったら苦労しません(笑) しかしまずは、 挑戦することです! 何度も挑戦して苦労することによって耳が鍛えられ、音が分かるようになってきます。 少しぐらいは音楽理論が分かったり、アドリブが出来ると...

曲を覚えるのってTAB譜見るのと耳コピするのってどっちが早いと思います?? 私的な見解では、 TAB譜見る 音は拾えるけど意外と覚えられない 耳コピ 音が拾えたらすぐに覚えられる なので、そんな意味でも耳コピ大事です! 勿論耳も鍛えられます。 じゃあ耳コピっ...

というのもたまたまやってるバンドのボーカリストが休んでいて、 歌うことになったというのもあるんですけど(笑) そんな訳で初めて本格的にリードボーカル兼ギタリストをやっているんですが、 得たことが3つ 1.リズムが鍛えられる 歌とギターのリズムって別々な動きがすることも多々ある...

日頃からギターの音は自分自身の手だと言ってはばからないですが、とは言っても音作りが悪いと台無しになることもあります。 一緒に演奏するメンバーや、曲によって音を変えることも大事です。 メンバーが変わると当然周りの音も変わるので、その周りの音に合わせた音作りは必要です。 そして勿...

速弾きフレーズを覚える時、考えていたら当然弾けないので、ゆっくりとしたスピードから始めてとにかく繰り返し弾いて体に染み込ませ、少しずつスピードを上げていきましょう。 実は速弾きも、リズムに乗ってないの残念に聴こえるのでメトロノームを使って正しいリズム、音符の長さで練習しましょう! 速弾...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ