サイタ音楽教室ギター教室エレキギター徳島 美野エレキギター教室 スクールブログ フレットの押さ...

フレットの押さえ方

フレットとはギターに打ち込まれた金属のバーですが、ギターを始めた頃はこのフレット(金属の部分ではなく)をまるでボタンを押すかのように正確に押さえようとします。

でも実際にはこの押さえ方ではダメで、人差し指の先で上の弦を少し触ってミュートしたり、薬指で押弦している時には中指、人差し指など他の弦をミュートしたりしないと余計な音がかなり出てしまいます(^○^)

これは自分の場合も皆さんと同じで当然最初からはできていませんでした。

なぜ今は出来るかというと、これは耳が良くなってきたから!(^○^)

最初は皆様必死になってタブ譜を見ながら書いてあるポジションを押さえる事に集中しています(^○^)
私もそうでした!

でも皆様 ここで少し落ち着いて自分のギターから出ている音を冷静になって聴いてみましょう。

結構いっぱい余計な音が出ているでしょう(^○^)

余計な音を出さないコツは、自分の演奏を録音することをお勧めします!

かと言ってこれも結構面倒くさいのですが、ここは是非、常に録音できる状況を作っている事をお勧めすします!

そうすれば自ずと自然と押弦している以外の指が勝手にミュートする様になってくると思います!

もっと良いのは目の前でギターを弾いている自分より上手い人の真似をする事です!



 

(2018年9月14日(金) 0:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンテスト優勝、有名バンドとの共演多数。自己流よりも早く確実に上達!

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

レッスンをやっていて生徒さんのタイプは大きく分けて二つあります。 一つはある課題を与えると、黙々と下を向いて自分の世界に入って練習してしまうタイプ。もう一つは目の前で先生が弾いている姿を見てモノマネをするかのように動き方、腕の位置、角度などをコピーしまうタイプ! 折角お金を払ってレッス...

レッスンをやっていて思う事がいくつかありますが、その一つに、私の弾くフレーズ(ちなみに音数は3〜4位)が即座にコピーする事が出来ない!しかもペンタトニック又はメジャースケールの中でやっているのですが(^○^) この原因はまさにタイトルの通り耳コピの経験が少ない! 現代ではスマホをちょっとい...

昔からよく言われるやり方で、ドアノブを回す感じで!といいますが、勿論間違いではありません。 これに補足しますとノブを回した時に指に力を入れてつっかえ棒の様に伸ばす!この時の指はカチコチに! この指を伸ばしてチョーキングをするのが大事で、よくコードを押さえているような指の角度のままチョー...

タイトルの通り、演奏中にボリュームを下げる時に大きく分けてこの2通りあると思います。 ちなみに私はギターのボリュームノブで下げるタイプです。 理由としては、下げた時の音が丁度良いクランチサウンドになるから! ペダルで下げるとまるでCDのように同じサウンドがただ音量が小さくなっただけのよう...

アマとプロの違いはいくつかありますが、その一つとしてヴィブラートがあります。 例えばあるギターソロをヴィブラート無しで弾くと、どんなに上手い人が弾いてもまるで素人が弾いているかのようなサウンドになってしまいます。 もしかしてピッチよりもヴィブラートの方が肝心なのかもしれない^ - ^ ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ