サイタ音楽教室ギター教室エレキギター福島 渡邉翔悟のエレキギター教室 スクールブログ ギターのメンテ...

ギターのメンテナンスについて

今回はギターのメンテナンスについての話しをしようと思います。

僕の場合は自分でできるメンテナンスは弦交換と指板にオイルを塗ること、ジャックの緩みを直すくらいなので、ネックの状態や異常が無いかなどは楽器屋さんで見てもらっています。

弦交換について
ギターの弦は手の脂で錆びやすくなるので、弾いたあとはクロスで拭くようにすると長持ちします。
交換する頻度は通常の弦は長くても1ケ月に1回程度です。弾きにくさや音にハリがなくなったと感じたら交換する人もいます。

コーティング弦という物がエリクサーというメーカーから出ていてこちらは、値段が高くなりますが、通常の弦の3倍長持ちします!僕は主にコーティング弦を使っています。

指板オイルについて
指板にオイルを塗るのは弦交換をする時で、僕が持っているギターでは8弦ギター、Kotetsu、フェンダージャパンのストラトキャスターに使っています。

イングヴェイモデルのギターは指板が塗装されているので使っていません。

練習後のギターの保管について
練習が終わった後のギターはペグを緩めずにギタースタンドにかけたり、ギターケースにしまっています。
ペグを緩めた方がいい場合と緩めない方が良い場合がギターや環境によって変わるので、楽器屋さんに相談するのが一番いいと思います。また長期間ギターを弾かない場合はペグを緩めておいた方がいいです。

ジャックの緩みについて
エレキギターのシールドを差すジャックが緩んでしまうことがありますが、一度ドライバーでネジを外してから、ジャックを締めるようにしましょう。取り付けたまま締めてしまうと中の配線が切れてしまう事があります。

フレットの消耗について
ギターを数年弾いているとフレットが削れていって、ビビりという状態になることがあります。音が伸びなかったり、音程が不安定になってしまう為、フレットのすり合わせやフレットの打ち替えという処理をする必要があります。お金はかかりますが、楽器屋さんに預けてやってもらうことが出来ます。新品のギターでは当分は心配はないと思います。

最後に僕が通っている楽器屋の店長さんに言われたことですが、楽器は演奏することで良い状態を保ちやすくなるそうです!なので楽器を毎日弾いて良い状態を保っていきましょう!

ギターのメンテナンスについて

(2018年7月31日(火) 12:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックやハードロック、ヘビメタの速弾きなど、テクニカルな演奏が得意!

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

今回は8月19日に参加したイベントの話をしようと思います。 福島市にあるC-moonというライブハウスでコピーセッションというイベントがあるのですが、候補曲の中から自分のやりたい曲とパートを選んで申し込みをして、当日に集まった人たちと一緒に申し込んだ曲を演奏するというイベントです! ...

今回は新しく手に入れたエフェクターの説明をしようと思います。 東京エフェクターのCAESAR XとVivieのDolphin Devrebです。 CAESAR Xは僕が好きなギタリストの藤岡幹大さんのシグネイチャーのオーバードライブとブースターです。 音の感じは僕が今まで使ってい...

今回はギターのメンテナンスについての話しをしようと思います。 僕の場合は自分でできるメンテナンスは弦交換と指板にオイルを塗ること、ジャックの緩みを直すくらいなので、ネックの状態や異常が無いかなどは楽器屋さんで見てもらっています。 弦交換について ギターの弦は手の脂で錆びやすくなる...

今回は僕が持っているエフェクターについて話しをしようと思います。エフェクターはギターの音を変えることができる機材です。 使用している機材についてのブログで紹介したMooerのマイクロプリアンプとTC electronicのNovaSystemは歪みエフェクターとマルチエフェクターです。 ...

今回は僕が考えているギターを選ぶ時の基準についての話をしようと思います! 僕が最初に手に入れたギターは貰い物ですが、形が好みだったので貰っていきました。フェンダージャパンのストラトキャスターです。 2本目のギターを買ったときはアイバニーズのRGシリーズというギターを選びました。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ