サイタ音楽教室ギター教室エレキギター福島 渡邉翔悟のエレキギター教室 スクールブログ エフェクターに...

エフェクターについて

今回は僕が持っているエフェクターについて話しをしようと思います。エフェクターはギターの音を変えることができる機材です。

使用している機材についてのブログで紹介したMooerのマイクロプリアンプとTC electronicのNovaSystemは歪みエフェクターとマルチエフェクターです。

他にもいくつかエフェクターを持っているのでどういう時に使っているかを説明していきます。

まずはマルチエフェクターのBOSSのGT10とZoomのマルチストンプというエフェクターです。
GT10は曲中でいくつも音色を変えて、演奏する時に使用しています。
マルチエフェクターはあらかじめ設定しておいた音色をフットスイッチを踏む事で呼び出すことができるので、1番のスイッチには歪みエフェクター、2番のスイッチでは歪みのエフェクターはオフにして、コーラスとディレイのエフェクターを使えるようにするなど、自分の好きに設定をすることができるので便利です。

初心者の方でエフェクターを使ってみたいけど何がいいのかわからないという方はマルチエフェクターを最初に試してみて、エフェクターの種類を覚えていくのが良いと思います!
また、自分の曲をレコーディングする時にもオーディオインターフェイスとして使用しています。

マルチストンプは使いたいエフェクターを1つだけ選んでオンオフする使い方をしています。

次はコンパクトエフェクターの歪みエフェクターのAMTのP1とMooerのランブルドライブです。

AMTのP1はピィーヴィーとメーカーのアンプのモデリングのエフェクターでピィーヴィーのアンプと似たような音が出せます!
音の特徴は中音域が良く出るため、音の芯がはっきりしていて他の楽器と合わせても埋もれにくいです。

Mooerのランブルドライブはダンブルアンプというアンプのモデリングのエフェクターでダンブルアンプと似たような音が出せます。
僕はAMTのP1でバッキングとリードの音色を作って、ランブルドライブでギターソロ用に音量を上げるという使い方をしています。

他にはモリダイラのチューナーとOne Controlの1Loop BoxとVoxのワウペダルです。

モリダイラのチューナーは液晶の表示が見やすく、8弦ギターでも反応してチューニングしやすいので8弦ギターを弾くときによく使います。
1Loop Boxはワウペダルのエフェクターのオンオフに使っています。ワウペダルを使わないときはバッファが付いているので、ノイズを軽減するために繋いでいます。
ワウペダルは名前のとうりワウワウという音が出せます。ファンクなどのリズムを刻むときに踏みながら使います。

最後に電源のパワーサプライでノアズアークのAC/DC1とJHTのパワーサプライミニです。
ノアズアークの電源はTCとマイクロプリアンプとLoop Boxやワウペダル、チューナーを使うときに電源として使っています。
JHTのパワーサプライはP1とランブルドライブとマルチストンプの電源に使っています。ノアズアークは重さが1キロ近くあるので、軽い電源が欲しくて買いました!

P1のセットは音色の切り替えがあまりない曲のライブで持っていきます。

Nova Systemのセットは綺麗な音質が必要な曲のライブで持っていきます。

チューナーとバッファとワウペダルは写真ではNova Systemと一緒に繋いでいますが、P1のセットに繋いだり、GT10に繋いで使うこともあります。

エフェクターは色々な種類があり、メーカーによって同じ種類のエフェクターでも音が違うので、自分の好みのエフェクターを集めて自分だけの音作りをできるのが魅力です!
マルチエフェクターだけで、音作りを済ませてもいいし、好みのコンパクトエフェクターを集めて自分だけの音突き詰めてもいいし、両方をバランスよく使うなど、色々な使い方ができます。

レッスンでも、こういう音が出したい!
という音のイメージがあればアドバイスできるので、一緒に理想の音を目指していきましょう!

エレキギターの楽しみの一つなので是非エフェクターにも目を向けてみて下さい!

エフェクターについてエフェクターについてエフェクターについて

(2018年7月23日(月) 19:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックやハードロック、ヘビメタの速弾きなど、テクニカルな演奏が得意!

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

10月28日(日) 福島市のアクティブシニアセンターアオウゼ という施設で、 ルーレット・チャイフレンズというバンドで、 アニソンライブinA・O・Z というイベントで演奏します。 会場 多目的ホール OPEN 12:30 START 13:00〜15:30 ...

今回は以前書いたブログのギターは面白い音も出せます!のパート2です。 今回紹介するのは、マティアス・エクルンドというギタリストがやっている櫛をピックの代わりに使って弾くという弾き方です。 やり方は櫛を6弦だけに当たるように櫛を引いて音を出します。もしくはコードを押さえて全部の弦を弾...

今回はギターが上手い人の特徴についての話をしようと思います。 1つ目の特徴はリズムが良いことです。 リズムが良いというのは、メトロノームにしっかり合わせることができる事と、他の人と一緒に合わせて演奏できる事です。音符の長さをしっかりと伸ばす、または切ることが重要になります。 2つ...

今回はフォーム(構え方)の話をしようと思います。 ギターにはロックフォームとクラシックフォームという2つの構え方があります。 ロックフォーム ネックの上から親指が出ている状態で、チョーキングや低音弦のミュート、6弦を親指で押さえる時などに使われます。 クラシックフォーム ...

今回はドラゴンフォースというバンドのハーマンというギタリストがやっているゲームノイズ奏法という物を紹介します。 トレモロアームというギターの音程を上下させることができるアームバーという物をピックの代わりに使います。 通常はストラトキャスターやフロイドローズブリッジがついているギター...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ