サイタ音楽教室ギター教室エレキギター福島 渡邉翔悟のエレキギター教室 スクールブログ ギターの選び方...

ギターの選び方について

今回は僕が考えているギターを選ぶ時の基準についての話をしようと思います!

僕が最初に手に入れたギターは貰い物ですが、形が好みだったので貰っていきました。フェンダージャパンのストラトキャスターです。

2本目のギターを買ったときはアイバニーズのRGシリーズというギターを選びました。
このときはフレットが24フレットあることと、フロイドローズというブリッジで、アーミングを激しくしてもチューニングが狂いにくいと聞いてこのギターにしました。

3本目のギターはシェクターのヘルレイザーというギターを選びました。前のギターと同じで24フレット、この頃はフロイドローズでは無いギターが欲しかったのでアームが付いていないモデルにしました。EMGというピックアップが付いていて、メタルなどのヘヴィな音楽で重要な低音が出やすく、音の粒が揃って聞こえやすいギターでした。

4本目のギターは今メインで使っているイングヴェイモデルのギターです。スキャロップ指板がどういう感じなのか知りたかったのとイングヴェイが好きなのでこのギターにしました。

5本目のギターはB.C.Richのワーロックタイプの8弦ギターを選びました。妖精帝国の救世アルギュロスという曲のPVを見て、8弦ギターが有るということを知り、手の届くくらいの値段で、形が好みということでこのギターにしました。

6本目のギターはGodinのマルチスペクトラムというエレアコのギターを選びました。今までアコギを持っていなかったのと、出力がエレキ、アコースティック、ギターシンセと3つあることが魅力で、ギターシンセを外付けピックアップが必要なく使用することが出来たのでこのギターにしました。

7本目のギターはSagoのSeed Kotetsuというギターを選びました。カポタストを使って瞬時にチューニングが変えられること、P90タイプ、シングルコイル、ハムバッカーと3種類のピックアップが付いていて出せる音の幅が広いこと、試奏して音がかなり好みだったことと、使っている町屋というギタリストが好きなのでこのギターにしました。

今は手元に無いギターもありますが、7本ギターを選んできた基準はスペック的にどうか(ピックアップ、ブリッジ、指板、木材など)と形が好み、値段が安すぎない(4万円以上)、そのギターでなければ出来ないことがある、アーティストで誰が使っているかが主に僕がギターを選ぶ際に大事にしていることです。

ギターは安いものでは1万円以下で買えますが、普通に使用していて将来的にパーツが壊れたり、ネックの調整が出来なくなったりするリスクがあるので、お試しで買う、改造に使うなどでなければ、3万円以上のギターを選んだ方が良いと思います。値段が上がっていくと壊れるリスクが低くなるので、安心を買っているというイメージです。落としたり、倒したりすると高い楽器でも壊れてしまうので丁寧に扱いましょう!

もちろん何となく良かった、一目惚れした、弾きやすい、弾いてみて音が好みだった、憧れのメーカーだったなど人によって様々ですが、自分が良いと思ったギターを選ぶことがギター選びでは大事です!

 

(2018年7月11日(水) 9:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックやハードロック、ヘビメタの速弾きなど、テクニカルな演奏が得意!

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

10月28日(日) 福島市のアクティブシニアセンターアオウゼ という施設で、 ルーレット・チャイフレンズというバンドで、 アニソンライブinA・O・Z というイベントで演奏します。 会場 多目的ホール OPEN 12:30 START 13:00〜15:30 ...

今回は以前書いたブログのギターは面白い音も出せます!のパート2です。 今回紹介するのは、マティアス・エクルンドというギタリストがやっている櫛をピックの代わりに使って弾くという弾き方です。 やり方は櫛を6弦だけに当たるように櫛を引いて音を出します。もしくはコードを押さえて全部の弦を弾...

今回はギターが上手い人の特徴についての話をしようと思います。 1つ目の特徴はリズムが良いことです。 リズムが良いというのは、メトロノームにしっかり合わせることができる事と、他の人と一緒に合わせて演奏できる事です。音符の長さをしっかりと伸ばす、または切ることが重要になります。 2つ...

今回はフォーム(構え方)の話をしようと思います。 ギターにはロックフォームとクラシックフォームという2つの構え方があります。 ロックフォーム ネックの上から親指が出ている状態で、チョーキングや低音弦のミュート、6弦を親指で押さえる時などに使われます。 クラシックフォーム ...

今回はドラゴンフォースというバンドのハーマンというギタリストがやっているゲームノイズ奏法という物を紹介します。 トレモロアームというギターの音程を上下させることができるアームバーという物をピックの代わりに使います。 通常はストラトキャスターやフロイドローズブリッジがついているギター...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ