サイタ音楽教室ギター教室エレキギター福島 渡邉翔悟のエレキギター教室 スクールブログ 特殊なギターに...

特殊なギターについて

今回は僕が持っている特殊なギターについての話をしようと思います!

まずはB.C.Richのワーロックタイプの8弦ギターについて説明します。
このギターは普通の6弦ギターに低い音を出せる弦が2本追加されています。チューニングは8弦からF♯ B E A D G B Eになっています。F♯の音は4弦ベースの4弦の2フレットと同じ音が出ます。
低い音が追加されることで、音に重さ、迫力が必要なメタル系の音楽に適しています。
普通のギターと比べて難しい所は、余計な音が出ないようにしっかりとミュートをしなければならない所です。フレットラップというアイテムを使って余計な音を出しにくくする方法もあります。

もう一つは和楽器バンドの町屋さんのシグネイチャーモデルのSagoのSeed Kotetsuです。
このギターは7弦ギターの音域を6弦ギターでも出せるようにするという発想で作られました。
6弦ギターで7弦ギターと同じ音域を出そうとするとチューニングを下げるしかありませんでしたが、チューニングを下げてしまうと高い音域も下がってしまうのですが、このギターは低い方に5フレット分足しているので高い音域はそのままで低い音域も出せるようになっています。ネックが長いため、ローポジションでのコードは弾きにくいと思います。
チューニングはB E A D F♯ Bになっています。
普通のギターから比べると2音半下げのチューニングです。カポタストを5フレットに付けることで普通のギターと同じように使用することもできます。カポタストを付ける位置でチューニングを変えることができる為、ライブなどで曲によってチューニングを変えたり、ギターを変えたりする作業がこのギターを使うことで楽になります。

どちらのギターも未だに完全に使いこなせてはいませんが、音域が増えると弾ける曲の幅が広がり、今までになかったフレーズが思いついたりするので、多弦ギターを試したり、チューニングを変えてみたりするのも面白いと思います!

レッスンでも8弦ギターやkotetsuの音が気になる方がいれば、持っていきますのでよろしくお願いします!



特殊なギターについて特殊なギターについて

(2018年7月4日(水) 20:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックやハードロック、ヘビメタの速弾きなど、テクニカルな演奏が得意!

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

今回はレッスン会場のスタジオとカラオケの違いについて話しをしようと思います。 今のところレッスンの申し込みでカラオケの会場を選択して頂くことが多いのですが、カラオケの場合、ルーム料金が昼と夜の時間帯で変わることがあるので、個人的にはスタジオをレッスン会場としてのレッスンをおすすめします。...

今回は、体験レッスンでギターを持っていない方にレンタルするギターを紹介しようと思います。 僕が現在持っているギターは6本ありますが、 基本的にはフェンダージャパンのストラトキャスターという黒のギターをレンタルでは使っていただこうと思います。 理由は僕がもっているギターで一番普通のもの...

今回は新しく手に入れたギターを紹介しようと思います。 今回手に入れたギターは藤岡幹大さんのシグネイチャーモデルでESPというメーカーのギターです。 選んだ理由は一番好きで、尊敬しているギタリストのモデルだった為です。 6弦モデルと7弦モデルがあるのですが、僕は6弦モデルを選びまし...

今回は、新しく買ったシールドと電源タップを紹介しようと思います。 電源タップは前に「電源タップについて」というブログを書きましたが、その時に挙げていたオヤイデ電気の電源タップを買いました。シールドもオヤイデ電気のシールドを買いました。 シールドはオヤイデ電気の赤色のQAC-222G...

今回はアンプやエフェクターに電気を送るコンセントや、電源タップについての話をしようと思います。 今回はかなりマニアックな話なので、興味がある方に読んで頂けたらと思います。 アンプやエフェクターに電気を送る電源ですが、一般家庭に流れている電気は汚れていると言われています。汚れている電...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ