サイタ音楽教室ギター教室エレキギター福島 渡邉翔悟のエレキギター教室 スクールブログ 使用している機...

使用している機材について

今回は僕がライブや練習で使っている機材の話をしようと思います!

エレキギターは、フェンダージャパンのストラトキャスターでイングヴェイ・マルムスティーンのシグネイチャーモデルです。特徴はスキャロップ加工といって、ギターの指板が削られていて、チョーキングやビブラートといったテクニックがやりやすくなっています。弱点は強く押さえてしまうと音程が本来の音程より高くなってしまう事です。ライブで緊張しても力まずに演奏するように心がけています。

アンプは自宅での練習ではBLACKSTARのFLY3というアンプを使っています。単三乾電池で駆動します。電池を入れたまましばらく使っていた為電池の液漏れで故障して、修理に出しました。使わない時は電池は抜いておきましょう。クリーンの音と歪みの音の切り替えが出来て、ディレイのエフェクターも付いているので便利です。

ライブの時はライブハウスに置いてあるRolandのJC120というアンプを借りて使用しています。クリーンの音しか出せないため、ロックを演奏する場合は歪みエフェクターを使って音を変えて使います。コーラスとリバーブのエフェクターがアンプに付いています。

シールドはEXproのFAシリーズとFLシリーズを使っています。バランスが良く、楽器本来の音を出してくれる事が特徴です。

エフェクターはMooerのマイクロプリアンプの001という歪みエフェクターを使っています。ディゼールというメーカーのアンプのモデリングで、クリーンチャンネルとドライブチャンネルの切り替えができ、キャビネットシミュレーターが付いていて、音質を変えることができます。
他にはギターソロでのブースターやコーラス、フェイザー、ディレイなどはtc electoronicのNova systemというマルチエフェクターを使っています。

使用している機材について使用している機材について使用している機材について

(2018年6月27日(水) 0:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックやハードロック、ヘビメタの速弾きなど、テクニカルな演奏が得意!

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

今回はハーモニクス奏法について紹介しようと思います。 色々な種類のハーモニクスがありますが、 今回はナチュラル・ハーモニクスについてです! ハーモニクス奏法とは左手を弦に触れて右手でピッキングをして、すぐに離すと出すことが出来るハーモニクスを使う奏法です。 出しやすいフレットは...

今回は、 僕が得意なメタルでよく使われるスウィープ奏法という弾き方を紹介しようと思います! スウィープ奏法というのはダウンピッキングまたはアップピッキングのみで複数の弦(例えば6弦から1弦まで)を弾ききる奏法です。 コードを弾く時との違いは、コードの場合は弾いた音(左手は押さえた...

10月28日(日)にアニソンライブinA・O・Zというイベントでルーレット・チャイフレンズというバンドでライブをやりました。 僕はアオウゼで演奏するのは初めてだったので、どんな場所なんだろうと楽しみでした。 多目的ホールは学校の体育館のような雰囲気でした。 今回は8弦ギターを持っ...

10月28日(日) 福島市のアクティブシニアセンターアオウゼ という施設で、 ルーレット・チャイフレンズというバンドで、 アニソンライブinA・O・Z というイベントで演奏します。 会場 多目的ホール OPEN 12:30 START 13:00〜15:30 ...

今回は以前書いたブログのギターは面白い音も出せます!のパート2です。 今回紹介するのは、マティアス・エクルンドというギタリストがやっている櫛をピックの代わりに使って弾くという弾き方です。 やり方は櫛を6弦だけに当たるように櫛を引いて音を出します。もしくはコードを押さえて全部の弦を弾...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ