全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 Usa・ ギタースクール スクールブログ セッション…続...

セッション…続き

あっという間に3月!

そろそろ、寒さも和らいで暖かくなってくれるといいですね。

前回のブログからも時間が経ってしまって

で今回は…そう!

セッションが初めての方でも、気軽にセッションに行けるようにと、セッションで良く演奏される曲を紹介する予定でした。

実際はその場所ごとに、毎回演奏されるレパートリーはある程度決まっていたりして、まずは足を運んでみるのがいいですよ、なんてのも前回話してみました。

まず、R&Bや歌ものを中心にセッションする場所では、マーヴィン・ゲイやスティービー・ワンダーの曲はよく演奏されます。

「What's Going On」
「Marcy Marcy Me」

「Superstition」
などなど。

曲を事前に知らないと弾けないものが多いので練習は必要ですね。

ソロはペンタだけでいけたりもするので、思っているより難しくはないはずです。

ファンク系だと

「Play That Funky Music」
「Chikin」
などなど。

前者はまさに、セッションで一回は演奏されます。
これもペンタ一発で。


まだまだあるんですが、あっという間にスペースが…。
で、やっぱりセッションに行くなら「ブルース」からってことで、それはまた次回!

 

(2010年3月4日(木) 18:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あったかい人柄が魅力!ブルースをこよなく愛するギタリスト

ブログ記事 ページ先頭へ