サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 D-CORE・GUITAR SCHOOL スクールブログ フォクローレの...

フォクローレの楽器

フォクローレでよく使われる楽器の話です。

■パンフルート■

横一列に長さ(音程)の違う筒を並べた笛の事です。

「パンフルート」とは西洋風の呼び方で、アンデス地方などでは縦一列の「アンターラ」や縦二列に並べた「サンポーニャ」などと呼ばれます。

恐らくこの楽器が一番「フォクローレらしさ」を醸し出す音色だと思います。

■ケーナ■

これも笛ですが、日本の尺八に近いような音が出ます。

■チャランゴ■

弦楽器で、大昔西洋人が持ち込んだギターが元になった楽器です。

クラシックギターより一回りほど小さいサイズで、10本の弦を使います。

音色がクラシックギターに近いのでクラシックギターで代用される事も多いです。

■ボンボ■

打楽器です。

パーカッションのような音色がします。


本当は写真や音も紹介したいのですが、フリー素材のものが無かったので……^^;


下のサイトで詳しく書いてありますので、興味のある方はご覧下さい。

http://saisaibatake.ame-zaiku.com/gakki/band/p_folklore.html

 

(2018年3月6日(火) 19:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

積み重ねが苦手でも!褒めてくれるから、できないが今日のできたに

D-CORE・GUITAR SCHOOL
山本勇 (エレキギター)

渋谷・新宿・登戸・立川・吉祥寺・調布・府中・京王永山・京王堀之内

ブログ記事 ページ先頭へ