サイタ音楽教室ギター教室エレキギター神奈川 カヲルのエレクトリックギターレッスン スクールブログ エレキギターっ...

エレキギターって、そもそも...

エレクトリックギターは、20世紀の初期

バンジョー等に電話の受信機を取り付けるところからその歴史が始まりました。

当時生まれたデキシーランドジャズの様な、管楽器も沢山入った大人数のアンサンブルの中で

他の楽器の音量に負けず、リズムをしっかり出してゆく為の手段として

当時新しい技術であった電気的な増幅ということが、考えられたのです。

その後、カーボンマイクを搭載したギター製作の試行錯誤や

レス・ポール氏の様なミュージシャン達自身のプロトタイプ製作を経て

アコースティック・ボディやソリッド・ボディの所謂エレキギターが、生まれました。

当初は管楽器やピアノなどの音量に対抗すべく考えられた楽器が

その独特の音色や拡張性によって独自の地位を与えられていった事は、

皆さんよくご存知。

ただ、元来が単純な成り立ちの楽器であるギターの派生系ですから

どこまでいっても、左手で弦を抑え、右手で弦を弾く、という基本は変わりません。

左利きの人は逆、またタッピングやライトハンド奏法なんてのも

勿論有りますけれど、PCベースの音楽制作が当たり前の現在では

もはやギターというのは、古典的な楽器だとすら言えると思うのです。

長いこと変わらず人のフィジカルに寄り添う楽器として有りながら

電気!という特質を備えたことで、様々な音楽の主役として

また重要な脇役としてその魅力を発揮し続けているエレキギター。

やっぱり、好きです。

 

(2018年2月21日(水) 17:50)

前の記事

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

エレクトリックギターは、20世紀の初期 バンジョー等に電話の受信機を取り付けるところからその歴史が始まりました。 当時生まれたデキシーランドジャズの様な、管楽器も沢山入った大人数のアンサンブルの中で 他の楽器の音量に負けず、リズムをしっかり出してゆく為の手段として 当時...

こんにちは。 秋元カヲルです。 今まで、自らのうたや演奏の音楽活動、 また、ギタリスト、ミュージシャンとして 数々のアーティストとのコンサート、テレビやラジオへの出演、 楽曲提供やアレンジ、打ち込みも含めたレコーディングなど 国内外の様々な場所で、ずっと音楽...

ブログ記事 ページ先頭へ