サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 D-CORE・GUITAR SCHOOL スクールブログ スコアにご用心

スコアにご用心

好きな曲をコピーしようと思う時、バンドスコアなどを使いますよね!



ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム…全てのパートの楽譜が五線譜やTAB譜で記された便利なものです。



だけど、スコアに書いてある事が必ずしも正しいとは限らないのも現実なんです…^^;



世の中に出回っている楽譜というのは作曲者が自ら作ったものでなく、音楽出版社の採譜師が音源を聴いて譜面に起こしたものがほとんどです。



もちろん、プロの採譜師が作るのですから精巧なものではあるのですが、人間の作るものですから時には間違いもあるものです。



皆さんも経験ありませんか?



「なんでここでこの音が入るんだろう?」



「このフレーズ、ここから急に音が飛んで、運指がやりにくいな…。」



といった事が。



これも譜面に起こす段階で起きたミスや、複数のギターフレーズをひとつに纏めるために苦肉の策でした事が仇になったパターンなんですね…^^:





僕が見た中で印象的だったのは…。



●パワーコードのバッキングフレーズの中にどう考えても不必要&不自然なピッキングハーモニクスが入る。●



…これは以前に生徒さんから質問されたんです。



音源をよく聴くと、本当に微かにピッキングハーモニクスの音が聴こえるのですが、これは恐らくレコーディング時にバッキングを録っている際にほんのわずか指が弦に触れてしまったんでしょう。



確かに僕も音源を録る際にも経験があります。



普通なら録り直したりするのですが、恐らくあまりにも微かな音だったので、チエックの段階で誰も気付かずそのままリリースされたのでしょう!^^;



もちろん、よほど意識しなければ気付かない程度なので聴く分には問題ないんですが…。



楽譜を作る際にプロの採譜師の鍛えられた耳には聴こえてしまったのでしょうね…^^;



普通なら「あぁ、これはミスタッチで入ってしまった音だな。」ということで譜面に起こさないはずですが…多分その採譜師さんはよほど生真面目な方だったのでしょう!



そのまま譜面に起こしてしまったんでしょうね…^^;;;



結果謎のピッキングハーモニクスが譜面上に表れた訳です!





●どう考えても無理がある…。●



…これも実際ありました。



イントロのソロフレーズなんですが、どう考えてもローポジションとハイポジション間の行き来が多すぎるんです…。



これの理由は簡単です。



音源ではそのフレーズを二本のギターでハモりながら弾いているのですが、それを無理矢理に一本で弾かせようとしているんですね…^^;



紙面の都合もあったのでしょう…。



しかしながら、あまりの鬼フレーズに生徒さんが弾きにくそうだったので、一本でも弾けるフレーズに変えて弾いてもらうことにしました。



そうするとそれほど難しいフレーズでもないんです♪









…このように時にはバグ(と呼んで良いのかな!?)もあったりするんですよ!





なので、皆さんも曲を練習するときに「この譜面…なんかおかしい気がする…。」と思ったときには自分の感覚を信じて音を選んでいきましょう!

 

(2018年2月19日(月) 19:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

積み重ねが苦手でも!褒めてくれるから、できないが今日のできたに

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

音楽活動をしている人、楽器をやる人の中で、作曲までやる人って意外と少ないですよね…。 僕が見た感じだと、四人に一人くらいですかね…? ちょうど、ひとバンドに一人くらいの割合ですね…! 僕は音楽活動の中で作曲が一番楽しいと思っているのですが、他の(プロアマ問わず)ミュージシャン...

今年九曲目となる新曲『残る刹那』のご紹介です。 <b><font size="4">■残る刹那■</b></font> <img src="https://stat.ameba.jp/user_images/20180830/20/sheep-wolf/97/f6/j/o040...

台風の季節になりましたね。 昨日は東京でも雨や風は強かったです。 ところで! バンドの練習などでスタジオを予約している日に台風が来てしまった場合…。 通常だと音楽スタジオは当日にキャンセルするとスタジオ代全額を払わなければいけなくなりますが、台風や大雪などの危険...

僕が初めてライブをした時の話です。 あれは高校三年の夏でした。 当時地元の友達と組んだバンドでライブに出る事にしました! 周りの友達のバンド何組かで集まって会場を借りて行う自主企画ライブ。 ライブが決まってからはバンドの練習にも熱が入ります。 夏休みだったので...

初めてバンドを組み、スタジオ入りした話の続きです。 ギターをチューニングして、アンプに繋ぎます。 家で使っている物とは比べ物にならないほど大きなギターアンプ…。 電源を付けて音を出した時に衝撃が走ります! <b><font size="4">凄く音が大きいっ!!!!...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ