全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 D-CORE・GUITAR SCHOOL スクールブログ 【Coffe ...

【Coffe break】ウォーミングアップの「ドレミ」

ギターを弾き始める時、ウォーミングアップにどんな事をしますか?

僕はチューニングが終わるとドレミを弾き始める事が多いですね!



ごく普通の「ドレミファソラシド」。



ロックでは「Cメジャースケール」、クラシックでは「ハ長調」と呼ばれるあれです♪



昔はペンタトニックスケールなどでウォーミングアップしたりもしてたのですが、最近はもっぱらCメジャースケールですね!



何しろ誰もが物心ついた頃から馴染んでいる音階ですから自分のコンディションを計るのにもちょうど良いんです!



弾いていると「今日は指がよく動くな」「今日は指の動きがいまいちだな」「この部分で音が詰まるな」というのがよく分かります。



人間はその日によってコンディションが違いますからね。



それを素早く分かることで、どこに気を付けたら良いのかいち早く分かり、素早くコンディションを整える事が出来ます!



「ドレミ」を何度か弾き終えたら今度はオープンコードをCからBまで順番に弾くのもお勧めです!



CからBまでのコードを並べるとご存じの通り「ドレミファソラシド」の響きになりますから今度はコードでのコンディションを整える事が出来る訳です♪



これで合計五分も掛かりません!



これが終わるといよいよ普段弾いている曲(僕だと自分のバンドの曲)を弾き始める訳です!



効率がとても良いですよ♪



僕はライブやレコーディングの直前、バンドのスタジオリハーサル、ギター教室でレッスンを行う際にもこのウォーミングアップをよくやります♪



もちろん、皆それぞれのウォーミングアップの仕方があるでしょうから、これはあくまでも一例ですけどね!^^



 

(2017年12月18日(月) 17:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

積み重ねが苦手でも!褒めてくれるから、できないが今日のできたに

D-CORE・GUITAR SCHOOL
山本勇 (エレキギター)

渋谷・新宿・登戸・立川・吉祥寺・調布・府中・京王永山・京王堀之内

ブログ記事 ページ先頭へ