サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 D-CORE・GUITAR SCHOOL スクールブログ 【Coffee...

【Coffee break】ギタリストのためのベース講座!?

前回の【Coffee break】で「たまにギター以外の楽器にも触れてみるのも良いですよ」という話を書きました。

今回はギター初心者にも分かりやすいベースの基本的な弾き方です♪

あくまでも基本的な弾き方です。


●音の並びは同じ●

まず、ギターとベースは基本的に音の並びは同じです!

ギターは弦が6本、ベースは弦が4本です。

(7弦ギターや6弦ベース等の例外もありますが、基本的にそれぞれ6本と4本です。)

ギターの3弦~6弦とベースの1弦~4弦は2オクターブ低くなるだけで音の並びは同じなんです!


●ルート音を弾こう!●

ルート音というのはコードの中で一番低い音です。

例えば「C」コードなら「ド」の音ですね!

ベースなら3弦の3フレットがちょうど「ド」の音になります。


ギターが「C」のコードを弾いている時、ベースは「C」のルート音である「ド」の音を弾けば良い訳です♪


●ルート音はどこ?●

とはいえ、このコードごとのルート音がすぐに分かれば問題ないですが、まだどこにどの音があるのか分からない……という事もありますよね?

そういう時はもっと簡単な方法があります!

それは……パワーコードを押さえる時の人差指がルート音!なんです!

今、このブログで連載している「初心者に楽しい!ギター講座!」でちょうどパワーコード編に入っています!

なので、それを読んでくれている皆さんならお分かりかと思いますが、パワーコードは人差指と薬指の二本で押さえますよね?

この時の人差指の場所こそがルート音なのです!

なのでベースを弾くときはそこを押さえれば弾けてしまうんですね!!^^


なんと便利な!!


もちろん、これはあくまでもベースの基本的な弾き方です。

実際のベーシストの皆さんはこれに色んなアレンジを加えたフレーズを弾く訳です。

(これを理解するためにはスケールやコード理論などの難しい話が出てきますので今は割愛します!)

でも、ギタリストの皆さんが突然ベースを弾く機会に恵まれた際はこの「ルート弾き」を使ってみて下さいね!^^


ギタリストがベースを弾く機会ってあるの?と思うでしょうが……


・作曲をして音源を作る際にベースの音も入れたり。

・バンドのスタジオ練習で戯れにベーシストと楽器を交換して曲を弾いてみたり。

・友達のバンドがベース不在でライブに出る!ピンチヒッターで弾いてくれと頼まれる!


…など、結構あるんですよ♪

(上にあげたのは全部僕の実体験です)


そこまでではなくとも、ギターを弾くうちに「ベースも弾いてみたい!」となるでしょうしね!^^

「ルート弾き」是非お勧めです♪


 

(2017年11月21日(火) 19:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

積み重ねが苦手でも!褒めてくれるから、できないが今日のできたに

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

今年六曲目となる新曲『喰蟲華』のご紹介です。 <img src="https://stat.ameba.jp/user_images/20180629/23/sheep-wolf/4a/b2/j/o0600032614220227745.jpg?caw=800" width="300" ...

明日から関東甲信越でも梅雨入りするみたいですね! 我々ギタリストにとって梅雨の時期に困る事といえば…ギターケースが雨に濡れること! いくら梅雨の時期だからといって、バンド練習のスタジオに行かない訳にはいきませんよね、?^^; とはいえ大切なギターも濡らしたくないし…。 ...

六月になりましたね! 梅雨の季節も始まります。 世間では嫌がられる事の多い梅雨ですが、僕は意外と好きなんです♪ 雨が降る時の涼しげな空気、水溜りの波紋、紫陽花の彩、蛙の鳴き声…。 そういう梅雨独特の景色が結構好きなんです!^^ 他の季節の雨とは違う感じがするんです...

今年五曲目となる新曲『滅竜』のご紹介です! <img src="https://stat.ameba.jp/user_images/20180530/16/sheep-wolf/65/10/j/o0750051614201298714.jpg?caw=800" width="300" h...

毎月一曲は必ず新曲のデモ音源を公開するようにしています! 今月は終わり間近まで掛かってしまいましたが、間もなく公開出来ると思います!^^ 全パート録音は済んでいて、あとはミキシング(音の調整)やイメージ画像の作成だけです! 今夜頑張って完成させて、明日の真夜中の24時、つ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ