全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 D-CORE・GUITAR SCHOOL スクールブログ 【Coffee...

【Coffee break】ギタリストのためのベース講座!?

前回の【Coffee break】で「たまにギター以外の楽器にも触れてみるのも良いですよ」という話を書きました。

今回はギター初心者にも分かりやすいベースの基本的な弾き方です♪

あくまでも基本的な弾き方です。


●音の並びは同じ●

まず、ギターとベースは基本的に音の並びは同じです!

ギターは弦が6本、ベースは弦が4本です。

(7弦ギターや6弦ベース等の例外もありますが、基本的にそれぞれ6本と4本です。)

ギターの3弦~6弦とベースの1弦~4弦は2オクターブ低くなるだけで音の並びは同じなんです!


●ルート音を弾こう!●

ルート音というのはコードの中で一番低い音です。

例えば「C」コードなら「ド」の音ですね!

ベースなら3弦の3フレットがちょうど「ド」の音になります。


ギターが「C」のコードを弾いている時、ベースは「C」のルート音である「ド」の音を弾けば良い訳です♪


●ルート音はどこ?●

とはいえ、このコードごとのルート音がすぐに分かれば問題ないですが、まだどこにどの音があるのか分からない……という事もありますよね?

そういう時はもっと簡単な方法があります!

それは……パワーコードを押さえる時の人差指がルート音!なんです!

今、このブログで連載している「初心者に楽しい!ギター講座!」でちょうどパワーコード編に入っています!

なので、それを読んでくれている皆さんならお分かりかと思いますが、パワーコードは人差指と薬指の二本で押さえますよね?

この時の人差指の場所こそがルート音なのです!

なのでベースを弾くときはそこを押さえれば弾けてしまうんですね!!^^


なんと便利な!!


もちろん、これはあくまでもベースの基本的な弾き方です。

実際のベーシストの皆さんはこれに色んなアレンジを加えたフレーズを弾く訳です。

(これを理解するためにはスケールやコード理論などの難しい話が出てきますので今は割愛します!)

でも、ギタリストの皆さんが突然ベースを弾く機会に恵まれた際はこの「ルート弾き」を使ってみて下さいね!^^


ギタリストがベースを弾く機会ってあるの?と思うでしょうが……


・作曲をして音源を作る際にベースの音も入れたり。

・バンドのスタジオ練習で戯れにベーシストと楽器を交換して曲を弾いてみたり。

・友達のバンドがベース不在でライブに出る!ピンチヒッターで弾いてくれと頼まれる!


…など、結構あるんですよ♪

(上にあげたのは全部僕の実体験です)


そこまでではなくとも、ギターを弾くうちに「ベースも弾いてみたい!」となるでしょうしね!^^

「ルート弾き」是非お勧めです♪


 

(2017年11月21日(火) 19:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

積み重ねが苦手でも!褒めてくれるから、できないが今日のできたに

D-CORE・GUITAR SCHOOL
山本勇 (エレキギター)

渋谷・新宿・登戸・立川・吉祥寺・調布・府中・京王永山・京王堀之内

ブログ記事 ページ先頭へ