サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 D-CORE・GUITAR SCHOOL スクールブログ 初心者に楽しい...

初心者に楽しい!ギター講座!25「さぁ!パワーコードに挑戦だ! その①」

初心者にも「分りやすく、楽しく!」学べるギター講座!

今回からいよいよ、ロックのギター演奏で一番よく使われるパワーコードの話に入っていきます!


■パワーコードとは?■


そもそもパワーコードとは何か?

下の画像を見て下さい!






(※写真は正面から見たものです)

人差し指と薬指、たった二本の指で押さえられるコードなんですよ!

今まで何本もの指を使ってコードを押さえていたのを思うと、パワーコードって便利ですね♪



■パワーコードの特徴■


●押さえるのは二か所だけ●


ルート音(コードの中で一番低い音)と5度の音(ルート音から数えて五番目の音)の二つだけで弾けます。


●メジャーもマイナーも同じ形●

なんと!パワーコードではメジャーもマイナーも同じ形なんです♪

当然、セブンスやマイナーセブンスなどの形も同じになります。



■パワーコードの注意点■


●弾くのも二本だけ●

今までのコード(オープンコードもバレーコードも)は6弦から1弦までジャーンとストロークしていましたが、パワーコードでは押さえている弦だけを弾きます。

今まで全ての弦をストロークしていので中々慣れないでしょうが、これからこの「押さえた弦だけを弾く」という動きは増えてきますので少しずつ慣れていきましょう!


●指の付け根が痛くなる●


人差し指と薬指の二本だけを使うのですが、ふたつの指は離れてもいるので、最初のうちは人差し指と薬指の付け根が少し痛くなると思います。


●ロックやエレキ向け●


押さえやすく便利なパワーコードですが、シンプルな分、表現に乏しい所もあります。

アコースティックギターの弾き語りでパワーコードを使うとなんともイマイチな感じになってしまうかも知れません…^^;

やはり、エレキギターで思いっきり音を歪ませてロックを奏でるのに向いていると言えるでしょう!



簡単にパワーコードの説明をしてきましたが、次回はさらに詳しくやっていきたいと思います!

お楽しみに♪



初心者の人にも易しく楽しくギターを学べるオリジナルのレッスン『初心者に楽しい!ギター講座!』全ての回目次リンクページ

https://cyta.jp/eguitar/b/73570;;

D-CORE・GUITAR SCHOOLではこのように「初心者の人にも分りやすく、楽しく!」をモットーにしています♪

テキストも差し上げています♪

このブログだけでは学びきれない、より深いレッスンもマンツーマンならでは♪

体験レッスンのご応募お待ちしていますよ!^^

 

(2017年11月16日(木) 19:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

積み重ねが苦手でも!褒めてくれるから、できないが今日のできたに

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

台風の季節になりましたね。 昨日は東京でも雨や風は強かったです。 ところで! バンドの練習などでスタジオを予約している日に台風が来てしまった場合…。 通常だと音楽スタジオは当日にキャンセルするとスタジオ代全額を払わなければいけなくなりますが、台風や大雪などの危険...

僕が初めてライブをした時の話です。 あれは高校三年の夏でした。 当時地元の友達と組んだバンドでライブに出る事にしました! 周りの友達のバンド何組かで集まって会場を借りて行う自主企画ライブ。 ライブが決まってからはバンドの練習にも熱が入ります。 夏休みだったので...

初めてバンドを組み、スタジオ入りした話の続きです。 ギターをチューニングして、アンプに繋ぎます。 家で使っている物とは比べ物にならないほど大きなギターアンプ…。 電源を付けて音を出した時に衝撃が走ります! <b><font size="4">凄く音が大きいっ!!!!...

気付けば八月なんですねぇ! 夏はライブがしたくなりますが、メンバーが揃わないのでまだメドが立ちません! 出来れば八月中にメンバーを揃えて飛び入りでライブに出たいものですね!^^

暑い日が続きますねぇ…。 こんな真夏の熱帯夜には背筋の凍る怪奇曲を聴きましょう。 <b><font size="4">■怪-kuai-■</font></b> <img src="https://stat.ameba.jp/user_images/20180718/2...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ