全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・スローハンド スクールブログ ともくんのギタ...

ともくんのギターちょっといい話2

お疲れ様です、平野です。

今年の風邪はお腹に来るらしく、わたしもがっつり
嘔吐下痢、いただきました。

酒に酔った以外でトイレで吐くのは、始めてかな?

…汚い話ですいません。風邪には気をつけましょうね。

さてさて、今回はギター改造について。

特にヘヴィ系のバンドでは、チューニングを下げることが
多いと思います。僕も以前、やっていたバンドでは
チューニングをドロップCまで下げてました。

そらもう、音がぬけん、ぬけん。弦がベロン、ベロン。

音、きちゃない…

なにしろ普通のSGを強引にドロップC仕様に
してましたからね…(解る人には解ると思う。)

似たような悩みを持っている方は、多いと思います。

その時に僕は初めて、『改造する』ことに目覚めたのです。フフフ。

素人なりにいろいろ試しましたね~。トーンコンデンサー
配線材、ピックアップの交換、弦のゲージ変えたり
ブリッジの高さ、ピックアップの高さにこだわってみたり…

的外れな事も多々やりました。なかなか思い通りの
音にならなかったけれど、その分、ギターに愛着が湧きましたね。

いまでは可愛くて可愛くて、もうたまらんちや!

ギターって不思議なもので、手をかけた分、良い音になるんです!
(なってると自分では思ってる。)

自分が『きんもち、ええ~!』と感じれる音で練習した方が
上手になれると思います。

まだまだ改造に関しては、ドドド素人ですが、良い音を
追求していきたいと思います。ハイ。

 

(2010年1月11日(月) 20:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

焦らず、ゆっくりがモットー。一緒に喜んでくれるからやる気も倍増!

ブログ記事 ページ先頭へ