サイタ音楽教室ギター教室エレキギター北海道 エレキギタースクール・RK スクールブログ LIVE当日の...

LIVE当日のリハーサル・サウンドチェックの話し 第二回

今回はサウンドチェックからです!

ここでも僕が気になる事があります。(LIVE慣れしている方は大丈夫でしょうがLIVE初心者向けに書きます)

それは…


『ギター・ベースアンプの音がデカ過ぎる方が意外に多い』
ということ。

「LIVEなんだからデカい音に決まってるだろ!?」
って言われそうですが聞いて(読んで)下さい!


「ステージ上での負の連鎖」のお話しします。

1・モニターなしでは自分のアンプからの音しか聴こえないくらいの音量にする
2・他のパートが全く聴こえないからモニターの音量がドンドン上がる
3・自分のモニターの音が隣にいるメンバーにも届き他のメンバーもモニターの音量もドンドン上がる
4・ステージ上の音が飽和状態になり結局良くない環境でのLIVEになる


という現象が起きてしまいます…

これを改善して演奏しやすい環境を作るにはどうするか?


それは…

『ドラムの音量に合わせてアンプの音量を決める』
これに気を付けましょう!!
あくまでドラムはモニターから返さない状態です。

モニターから返すのは出来るだけ
【ヴォーカル・キーボード・アコースティックギター等のステージ上にアンプが無い物だけ】
にしましょう!
(どうしても聴こえづらい音がある場合はモニターを使ってOKです)


僕は札幌市内の色んなライヴハウスで演奏してきましたが、ほとんどの会場がこれでいけます。


『ステージ上の音と客席に聴こえる音量やバランスは別ものと考えてください』

まずはステージ上のバランスを取り、それから客席に降りて音を聴いてPAさんに要望を出しましょう!


スタジオで練習する時にはモニターはありませんよね?
その状態で上手く全パートが聴こえる音量の設定が出来る様になればステージでも出来るはず。

良い環境は自分たちで作りましょう!
環境が悪いのはPAさんのせいではありません(たまにはあるかもしれませんが…)
文句は言わないようにw


次回は音作りを取り上げようと思います。


今回はここまで!それでは!

 

(2010年2月5日(金) 18:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

座右の銘は“ブルースを制する者は音楽を制す"

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

今月は色々なLIVEへ足を運んでる風間です! 最近は知り合いの伴奏をギター1本でやる予定の為、曲のアレンジで試行錯誤中♪ 主にジャズスタンダードなので参考音源はたくさんありますがそのまま演奏するのもどうかな…と かといってあまりにやりすぎてしまうとVoさんが唄い辛い… ...

先日僕の誕生日だったのですが、自分へのプレゼントに「XOTICのEP BOOSTER」を買いました!! 以前からたくさんのギタリストからの評判が良く、僕の師匠も必ず足元にあるエフェクターだったので気になっていました。 なかなか買うタイミングが無くズルズルと時間が経ってしまいましたが...

なかなか時間が掛かってしまいましたが、先月の頭から始まったバンドのデモ音源作成が終了しました!! 機材関係のセッティングや録音後の編集を僕1人が担当していたので結構大変でした… でも録音すると演奏に対していつもよりシビアになりますね! 「今のはOKだな」と思っても聞いてみ...

なが~い間放置してしまい申し訳ありません。 これからはきちんと更新いたしますので。 僕がいる札幌は大した被害も無く全然いつも通りの生活なのですが、ニュースを見ると現実とは思えない被災地… 1日でも早い復興を願います。 有名人の方々が続々と寄付をする中自分には何が出来るか...

LIVEがしたいが今月は水面下活動中の風間です。 もう2週間前になりますがラリー・カールトンと松本孝弘の「TAKE YOUR PICK」見て来ました~ 1時間半鳥肌立ちっぱなし… 最高でした! で、話しは変わりますが皆さんはLIVEの時足元にいくつエフェクターがあります...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ