サイタ音楽教室ギター教室エレキギター兵庫 楽弦エレキギター教室 スクールブログ 耳コピー

耳コピー

僕がギターを始めた頃は、今のようにインターネットもないし、iTunesはもちろん、CDすらない時代(笑)エレキギターの教則本すら、数えるほどもなく、しかも書いている人がジャズ系の人だったりしてロックの感覚とはちょっと違う感じで、とにかくお手本にするのがレコード(これも古い 笑)をコピーするしかありませんでした。

レコードを何度も聞くとすり減るので、その頃の武器と言えばカセットテープです。コピーしたい曲をダビングし、巻き戻しとプレイを繰り返して何度も何度も聞いて憶えてコピーするということだけが唯一の方法だったのです。今のデジタルのようにスピードを変えてゆっくりきくなんてできません。速くてフレーズなどは、何度も聞きながらまず自分の口で言えるようにして、それからギターで置き換えるという感じです。とにかく時間がかかりますが、学生だったので、勉強以外の(勉強すら犠牲にして 笑)時間を耳コピーに費やしました。

だから、ひとつのフレーズをマスターするのに恐ろしいほどの時間がかかっています。しかし、それをする道のりで寄り道や手にする道草などがあと後役に立ったりするのです。

今は、楽譜を買ってきて、簡単に弾いてしまう人も多いようですが、楽譜にはそのプレイヤーのニュアンスまでは表せていないので、ぜひ耳コピーもして欲しいと思います。エレキギターのかっこよさって、フレーズもそうですが、その倍以上にそのプレーヤーのクセやニュアンスがかっこいいので、耳コピーをしなければ、そこを身につけることができません。プロも一応に耳コピーを薦めています。しかも、理想は完コピです。

完コピというのは、もうそのプレイヤーと聞き間違えるくらいにそっくりに弾けるようになることです。ものまねの極地ですねそうなって初めて、そのニュアンスなどが身につき、何も考えなくて弾いても自然と身についたニュアンスが演奏にでてくるものです。かっこいいプレイはそうやって作れられます。

学生の頃は、友人達とそのコピーした弾き方のどれが正しいか間違っているか、ポジションはどこで弾いているかなどをよく激論(笑)したものです。今でもそれはありますが(笑)それはそれで、それがまた楽しさでもあります。あのCharさんでも、今でもそう言う話をBSの番組や雑誌などで話しておられます。
同じフレーズでも1弦で弾くのと3弦で弾くのとではニュアンスが変わります。そこがエレキギターの面白いところでもあります。

 

(2017年9月16日(土) 13:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

演奏歴40年以上の先生が徹底サポート!なりたい姿への最短距離を教えます

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

高校生の頃に文化祭に出たくて友人とバンドを組んで出ました。バッドカンパニーやジョニーウインター、ジェフベックなどを演奏したと思います。 まず前夜祭に出て宣伝をしておき、本番に備えました。とはいうものの、当時はバンドをしている人なんてめちゃめちゃ少数派で、ロックを聴いている人自体が少数派だ...

僕がギターを始めた頃は、今のようにインターネットもないし、iTunesはもちろん、CDすらない時代(笑)エレキギターの教則本すら、数えるほどもなく、しかも書いている人がジャズ系の人だったりしてロックの感覚とはちょっと違う感じで、とにかくお手本にするのがレコード(これも古い 笑)をコピーするしか...

ギターでも何でもそうですが、何かを習得したりするのは、個人差があります。 それは、資質も差かも知れないし、習得する環境の差かも知れないし、いろいろです。だから、エレキギターでも、皆が一応に同じように上手くなるわけではありませんよね。最初ちょっと早くに弾けるようになっても途中で停滞してしまうか...

中学生の時、フォークギターを弾き始めました。姉の影響でアリスがすきになり、当時人気のあったガロというグループの曲などを練習していましたが、初心者の常「Fコードの壁」にぶち当たっていました。人差し指で1フレットの6弦全部を押さえることができないんです。 その頃、4歳上の従兄弟はすでにセミプ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ