全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター兵庫 楽弦エレキギター教室 スクールブログ イメージトレー...

イメージトレーニング

中学生の時、フォークギターを弾き始めました。姉の影響でアリスがすきになり、当時人気のあったガロというグループの曲などを練習していましたが、初心者の常「Fコードの壁」にぶち当たっていました。人差し指で1フレットの6弦全部を押さえることができないんです。

その頃、4歳上の従兄弟はすでにセミプロのような活動をしており、僕がギターを始めたのを知って、ギター持参で家に来て弾き語りをしてくれました。
歌も上手かったのですが、そこで見たFコードの衝撃。従兄弟は、歌いながら、何のためらいも淀みも苦労もなく、当たり前のようにFコードを弾いていました。
「え〜!?」僕が苦労しているFコードを何のためらいもなく弾いている!Fコードのことを話すと、「え?これやろ?」と当たり前に弾いてくれました。

私は、従兄弟のギターを借りて同じようにやってみました。
すると、なんと弾けたのです。

ギターが良いからだと思いましたが、自分のギターでやってみたら、あ〜ら不思議、今まで弾けなかったのにあっさり弾けているんです。Fコードの壁はウソのようになくなっていました。

「イメージトレーニング」ということが良く言われますが、まさにこれの効果ではないかと思います。
上手な人が「弾けている」のを見て「自分もできる」と思うこと。それだけで、一気にステップアップします。百聞は一見にしかずと言いますが、おそらく見ることで、そのやり方や感じ、力の入れ方など細かい情報を人間は得るのだと思います。

その後も、いろいろな人のプレイを見ることで、課題が解決していったことは多いです。見ることはイメージトレーニング。今ならYoutubeなどで、世界のアーチストのプレイを簡単に見ることができますが、やはり生で弾いているのを見ることはとても大事だと思います。

 

(2017年9月16日(土) 12:13)

次の記事

この記事を書いたコーチ

演奏歴40年以上の先生が徹底サポート!なりたい姿への最短距離を教えます

ブログ記事 ページ先頭へ