全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ こんな寒い夜に...

こんな寒い夜には手をあたためましょう~

いや~、本当に寒いですね。
真冬並みの寒さらしいですよ。
今日はこの寒さの中、サックス、ウッドベースとレストランで演奏をしてきました。



こういうときは、ギター弾くときも指が冷えてしまって動かないので、演奏前に必ずウォーミングアップをして手をあたためます。

ウォーミングアップで何をやるかは、そのときによって違うのですが一番ポピュラーなのは、いわゆる「スケール練習」でしょうか。

ギターを始めてある程度知識がつくと「スケール練習」という言葉をよく聞くようになると思います。

「スケール」をテーマに話すときりがないのですが、ウォームアップでは単純に指の動きに集中して練習しましょう。

スケール練習として一番凡庸性が高いのはペンタトニックスケール、メジャースケールです。
ハ長調でいうならCメジャースケール 「ドレミファソラシド」
Cメジャーペンタトニックスケール(Amペンタトニックスケール)「ドレミソラ」

右手、左手が力まないようにフレットになるべく近い位置で押さえられるようにします。
少ない力で押さえられるようになるのがポイントです。


よくギターを始めたばっかりのときにFコードの「セーハ」が難しいという話がありますが、
セーハ(指を寝かせるようにして複数の弦を一本の指で押さえる)もなるべく力まずに、効率よくフレット近辺のポイントを押さえるとよいです。
決して指の力が強いからコードを押さえられる訳ではないのです。

練習し続けると簡単に音がクリアーに出せるようになっていきます。

また少し慣れたらメトロノームに合わせて、4分音符、8分音符、3連符、16分音符と正確なリズムを心掛けてやってみましょう。

なるべくテンポが遅いところからやるとリズムの基礎練習としても効果抜群です。

このような感じで実際にレッスンでもウォームアップにスケール練習を少し取り入れています。

レッスンでは音楽的にスケールを認識できるようにしていきたいと思っています。





 

(2009年11月20日(金) 1:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バークリーの奨学金もパスした実力派!レコーディングにも精通

ビタミン・ギタースクール
三田村和義 (エレキギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・市ケ谷・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下...

ブログ記事 ページ先頭へ