サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ こんな寒い夜に...

こんな寒い夜には手をあたためましょう~

いや~、本当に寒いですね。
真冬並みの寒さらしいですよ。
今日はこの寒さの中、サックス、ウッドベースとレストランで演奏をしてきました。



こういうときは、ギター弾くときも指が冷えてしまって動かないので、演奏前に必ずウォーミングアップをして手をあたためます。

ウォーミングアップで何をやるかは、そのときによって違うのですが一番ポピュラーなのは、いわゆる「スケール練習」でしょうか。

ギターを始めてある程度知識がつくと「スケール練習」という言葉をよく聞くようになると思います。

「スケール」をテーマに話すときりがないのですが、ウォームアップでは単純に指の動きに集中して練習しましょう。

スケール練習として一番凡庸性が高いのはペンタトニックスケール、メジャースケールです。
ハ長調でいうならCメジャースケール 「ドレミファソラシド」
Cメジャーペンタトニックスケール(Amペンタトニックスケール)「ドレミソラ」

右手、左手が力まないようにフレットになるべく近い位置で押さえられるようにします。
少ない力で押さえられるようになるのがポイントです。


よくギターを始めたばっかりのときにFコードの「セーハ」が難しいという話がありますが、
セーハ(指を寝かせるようにして複数の弦を一本の指で押さえる)もなるべく力まずに、効率よくフレット近辺のポイントを押さえるとよいです。
決して指の力が強いからコードを押さえられる訳ではないのです。

練習し続けると簡単に音がクリアーに出せるようになっていきます。

また少し慣れたらメトロノームに合わせて、4分音符、8分音符、3連符、16分音符と正確なリズムを心掛けてやってみましょう。

なるべくテンポが遅いところからやるとリズムの基礎練習としても効果抜群です。

このような感じで実際にレッスンでもウォームアップにスケール練習を少し取り入れています。

レッスンでは音楽的にスケールを認識できるようにしていきたいと思っています。





 

(2009年11月20日(金) 1:20)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

GWの真夏に迫る暑さから、一転、昨日から3月に戻ったような寒さですね。 体調管理には気をつけないと! さて演奏情報の告知です。 本日発売のドラマCD「あめふらし」 主演:飯田里穂 、 はるかひとみ  OP,ED曲ギターを担当させていただきました。 http://tower...

GWはいかがお過ごしでしょうか? 僕は普段と変わらず仕事をしている毎日です。 4/29には岩船山クリフステージに出演させていただいて、3400人という大勢のお客様の前でメインとなるインストを含め、バックバンドで演奏するという機会に恵まれました。 また、スタジオでガットギター、アコ...

先日は桜咲く目黒川付近のレコーディングスタジオで アコースティックギターとガットギターのダビングをしてきました。 スタジオワークは限られた時間(この日は1時間)の中で行うので、色々な角度から日々鍛錬していなくてはいけません。 もっと良いギターが弾けるように頑張っていきたいと思います。 ...

具体的にレッスンで使用している譜面を載せてみます。 以前に生徒さんのご要望で 「丸の内サディスティック/椎名林檎」のR&B,Jazz 的なアドリブソロ例として書いたものになります。 クリーントーンで弾く大人っぽい(?)色気のあるソロを目指して シンプルにマイナーペンタトニックを基軸...

またまた久しぶりの更新になってしまいました。 僕は録音の仕事、音楽制作でアンプシュミレーターのKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー )をよく使用しています。 単純に言って、便利な機材です。 色々なアンプをプロファイル...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ