全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 D-CORE・GUITAR SCHOOL スクールブログ 初心者に楽しい...

初心者に楽しい!ギター講座!⑩「コードを弾いてみよう!」 その6

初心者にも「分りやすく、楽しく!」学べるギター講座!

前回はギター初心者にとって最大の難関、「F」「B」「バレーコード」をご紹介しました!

■前回のおさらい■

●FとB●







弦を押さえるのがやっとのギター初心者にとってこれは中々すぐに出来る事じゃありませんよね…^^;


そこで!


今日は良い方法をお教えします!^^


■今回の課題!■

●FとBの代わりに!●

「F」も「B」も曲中によく使われるコードです、しかし慣れないうちは弾けませんよね?

そこで、次のコードを使いましょう!

●「F」の代わりに「FM7」●



(※画像が大きく表示されない場合は記事下の画像をクリックして下さい


「F」の代わりに「FM7」というコードを使います。

「C」に形が似ているコードで、指も三本しか使いません!^^

「F」とは形が大きく異なるにも関わらず、音の響きはとても似ているのです!

●「B」の代わりに簡単フォーム●




(※画像が大きく表示されない場合は記事下の画像をクリックして下さい


「B」のフォームの1弦から3弦までを抜き出したフォームです。

本当は3弦から1弦だけをストロークするのが良いのですが、それだと弾きにくいかもしれないので6弦からストロークしても構いません。
(その分少しだけ音の響きは代わりますが。)


…いかがでしょうか?

「F」と「B」もこうすれば問題ありませんね!^^

ただし!

これはあくまでも初心者向けの応急措置です!

ほんの少しずつで良いのでバレーコードにも慣れていきましょうね!^^

毎日少しずつ練習すれば三カ月以内には弾けるようになりますよ!^^


次回は「バレーコードの練習の仕方」についてやっていきましょか!^^

お楽しみに♪


『初心者に楽しい!ギター講座!』全ての回目次リンクページ

https://cyta.jp/eguitar/b/73570

D-CORE・GUITAR SCHOOLではこのように「初心者の人にも分りやすく、楽しく!」をモットーにしています♪


初心者の人にも易しく楽しくギターを学べるオリジナルのレッスンテキストも差し上げています♪

このブログだけでは学びきれない、より深いレッスンもマンツーマンならでは♪

体験レッスンのご応募お待ちしていますよ!^^

初心者に楽しい!ギター講座!⑩「コードを弾いてみよう!」 その6初心者に楽しい!ギター講座!⑩「コードを弾いてみよう!」 その6

(2017年6月26日(月) 17:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

積み重ねが苦手でも!褒めてくれるから、できないが今日のできたに

D-CORE・GUITAR SCHOOL
山本勇 (エレキギター)

渋谷・新宿・登戸・立川・吉祥寺・調布・府中・京王永山・京王堀之内

ブログ記事 ページ先頭へ