全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター福岡 夢弦エレキギタースクール スクールブログ 鼈甲のピックち...

鼈甲のピックちゃん(╹◡╹)

今回はピックについて色々お話したいと思います(=´∀`)

僕は10年ぐらいクレイトンと言うブランドのピックを愛用してましたが去年の終わりから鼈甲(べっこう)のピックを使い始めました(゜∀゜)

まず最初にクレイトンの方から説明しますと、このピックを使うきっかけとなったのは専門学校時代の恩師の先生が使われていたのがきっかけです!

このピックの特徴は非常な骨太なロックな音がするところにあります(о´∀`о)

ピックの素材はウルテムと言う素材が使われていて人間の爪に1番近い素材と言われています!

とにかくエフェクターなどの歪みに頼らずに骨太な音を出せる優れたピックであるのですが難点もありますw

クレイトンはアメリカの会社が作っているピックなのですが
とにかくピックの品質管理が良くないと思います(^^;;
昔は楽器屋に行って1枚1枚確認して買っていたのであまりハズレは無かったのですが、最近は通販でまとめ買いするようにしてからは数十枚の中に使えそうなのが1、2枚の時とかもありました(^^;;

具体的に言うとクレイトンのピックは真ん中に鷲みたいな鳥のロゴがあるんですけどもの凄く横に偏ってたり、ピック自体が曲がっていて使えない、ピックの先端が新品にも関わらずなぜか削れているなどの品質管理面が良くない事が非常にネックでした(-_-)zzz

そして状態の良いクレイトンでも1つ厄介な問題があり
新品の状態だと非常に引き辛いんですね!

クレイトンはもの凄くザラついた感覚があるので
新品の状態だとかなり引き辛く馴染ませる為にコードストロークやカッティングなどして少し削る作業を必要としていました(^^;;

レッスンの時は比較的馴染んだクレイトンで臨んでいましたw

多少諸刃の剣的なピックではありましたが僕の中では唯一無二のピックとして10年に渡り愛用してましたが
最近クレイトンから鼈甲(べっこう)のピックに変えました(゜∀゜)

鼈甲とはタイマイと言われる亀の甲羅で出来ている素材でメガネのフレームやその他工芸品などに使われる素材です。

鼈甲のピック自体は専門学校時代に一瞬だけ使った事があるのですがその当時未熟だったせいもあり全く弾きこなせなくて使うのをやめたのです(・・;)

そして再び使うきっかけになったのは彼女が去年の12月に長崎にお姉さんと旅行に行った時にお土産で鼈甲のピックを貰いました(゜∀゜)

長崎は鼈甲の工芸品が有名らしいですね^_^

そして久々に使ってみると音が素晴らし過ぎて一気に虜になりました(о´∀`о)

恐らくこの世に存在するピックの中で1番綺麗な音が出るんじゃないか?ぐらいの感じですw

この鼈甲ピックはとにかく音のレスポンスが早いんですね!

普通のピックは弦を弾いた後に音が鳴るイメージなんですけど鼈甲ピックは当たった瞬間に音が鳴るんですね!

専門学校の時僕が弾けなかったのはこのレスポンスの早さに対してフィンガリングが追いついて無かったからなんです(*´Д`*)

なので弦を押すまたは離すタイミングが少しでもズレると音が鳴らなかったりするんでよね〜(゜∀゜)

なので鼈甲のピックで練習する事により左手と右手のシンクロ率が格段に上がると思います(о´∀`о)

僕自身も鼈甲のピックに変えてからかなりシンクロ率が上がったのを実感してます!

このピックを使いこなせれば恐らく世の中のほとんどのピックで楽に弾けるんじゃないかなと個人的には思ってます!

クリーントーンで鳴らした時も歪んだ音の時もとにかく素晴らしいの一言です!

フィンガリングとピッキングのシンクロ率を上げたい方や、他の人とは違う音を出したい方にオススメですね!

鼈甲のピックはマンドリン奏者がよく愛用しているみたいですがギタリストでもリッチーブラックモアやチャーさんなど愛用しているみたいです(о´∀`о)

価格はピックとしてはやや高めで1000円前後ぐらいですが
買う価値はあります(^^)

1度お試し下さい(о´∀`о)

鼈甲のピックちゃん(╹◡╹)

(2017年2月2日(木) 7:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メタルバンドで活躍中。ゼロから超絶ギタリストへの道も夢じゃない

ブログ記事 ページ先頭へ