全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター福岡 夢弦エレキギタースクール スクールブログ フィンガリング...

フィンガリングの力みの原因(о´∀`о)

今回はフィンガリングについて書きたいと思います(о´∀`о)

フィンガリングつまり左手に過度に力みがあるとスムーズにギターを弾く事が出来ません。

それでは何故力が入ってしまうのか?

それは左手の独立性に関係して来ます。

力が入ると言う事は指の運動力がまだ乏しいと
言う事になります(*´-`)

教則本などではリラックスしてとか力を抜いてとよく書かれてますが左手をリラックスした状態で楽器を弾くには指が独立してないとリラックスして弾く事が出来ないのです
(°▽°)

例えば上手く押さえらないコードやストレッチフレーズ(指を大きく広げて弾くフレーズ)があるとします。

この場合指が広がらない事により力みが生じます。
このように指が届かないフレーズがある場合はまず日常的に指の間に拳やゴムボールなど挟んで指の間を拡張して行く事により楽に押さえたり弾けるようになります。

指の間が広がるようになれば今まで力が入っていたのが
嘘のようにリラックスした状態で弾けるので余裕が生まれ演奏も安定して来ます(о´∀`о)

そして指の間を広げるのと同時に縦の動き、つまり弦を押さえたり離したりの動きに対応する為に指の第1、第2関節そして指の根元を動かすトレーニングも日常的に行う事により
指の運動能力は飛躍的に上がります!

指が自由自在に動き、開く事が出来て初めてリラックスした状態で演奏出来る訳ですね(о´∀`о)

それではフィンガリング時に全く力が要らないか?
と言われると答えはNOですε-(´∀`; )

例えば単音で1弦8フレット次に1弦5フレットを弾くとします。
最初の1弦8フレットは小指で押さえ、次の1弦5フレットを人差し指で押さえるとします。

最初の1弦8フレットを弾いた後次の1弦5フレットを押さえようとすると小指を離さないといけないのですがこの時小指を離す時に指をあまり上げすぎないように弾いてみましょう。

小指がある程度独立していれば小指を弦に触れるか触れないかの距離に待機させれるのですが小指が独立してない場合待機させる事が出来ずに大きく小指が上がってしまいます!

この弦に触れるか触れないかの場所に指を待機させるには
小指をコントロールする力が必要になって来ます!

この時の力とは力みでは無くコントロールする筋力の事を指します(о´∀`о)

ギターは押さえる事よりも離す事の方が難しい楽器で
単音フレーズが綺麗に弾けないほとんどの原因は離す事が上手く出来てない事だと思います(°▽°)

指を離す時もリズムを感じて離すことが重要になって来ます。

つまりリラックスする為には指が独立してる必要があり、指を待機させる為の力も指の独立性が必要になって来ます(°▽°)

ギターを始める前にピアノや他の弦楽器などやってた方が比較的上達が早いのは指の独立性が既に高い為であると思います(о´∀`о)

逆に何年やってもなかなか上達出来ない場合は
指の独立性や運動能力が備わってないのが原因の
一つだと思います。

指のトレーニングやストレッチをする事に飛躍的に上達する事も出来るので日常的に行ってみて下さい(о´∀`о)

必ず弾き心地が変わって来ます(*´-`)

それではまた(^-^)

 

(2017年1月23日(月) 5:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メタルバンドで活躍中。ゼロから超絶ギタリストへの道も夢じゃない

ブログ記事 ページ先頭へ