サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ ジャズギター ...

ジャズギター ローランドのJC-120(ジャズコーラス)を使う際の、音色についてアドバイス 実例

生徒さんが「ローランドのJC-120(ジャズコーラス)」で演奏していた音を聴いて、
ジャズギターとしての音色のアドバイスをさせていただきました。
レッスンのアドバイスの実例として紹介します。

以下、生徒さん(Aさん)へのメッセージです。

---------------------------------------
音色については好みがあるので、決して一概にはいえないのですが、
Aさんのセッティングが若干トレブリーで固いかなと感じました。(あくまでもジャズギターとしてですが。)
ローランドのJCは基本的にトランジスタなので音が固いため、ジャズギターの音色としては少し工夫が必要です。
以前、アンプワークショップという生徒さん向けの内容でやったのですが、
結局JC対策としては

「Middleを思い切って上げる。」
「ブースターを使う。」
「トーンを絞る」

という選択肢が上げられると思います。

特にブースターを使うことを一度、試してもらいたいです。
実はウェスとかも音は歪んでいますよね。(アンプのナチュラルなオーバードライブですが)
ほんの少しだけ歪ませると、チューブアンプっぽくなるので音色に艶が出るし、温かい音がします。
お気に入りのブースターがあると、セッションなどでどんなアンプを使用するかわからない場合でも、補正が効くので便利です。

あとはリバーブを少し足してみても良いかもしれません。
コンテンポラリー系はディレイも使ったりします。

そして何よりも、右手と左手です。
右手のピッキングに柔らかさ、しなりが十分にあるか、指弾きの場合、特に弦を引っ張り上げるようなかたちになっていないか。(場合によってはバチッと弾くのもアリですが)
左手で押弦している時間(=サスティン)が十分にあるのか、
再考してみると良いかもしれません。
ギターは音を長く押えるのが難しい楽器で、上手な人は押えている時間が長いです。

そのようなことを踏まえて、良い音がでるよう、一度じっくりとスタジオでローランドのJC120をいじってみてください。
------------------------------------------------

以上のように、レッスンでは生徒さんから様々なご相談をいただいたりしながら、フィードバックを丁寧にしております。

お気軽にご相談ください!

 

(2016年11月10日(木) 13:48)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

夏もそろそろ終わりでしょうか。 水辺に行ったりして遊びたかったなぁなんて思いを馳せながら、ブログを書いています。 それでも美味しいものをご馳走していただいたり、仲間と飲みに行ったりして、グルメ欲は満たされています。 最近は蕎麦にハマっています。 美味しい田舎蕎麦を出してくれるお店...

こんにちは! 今年の夏は暑い! もう折り返し地点ですが、ライブにレコーディングに頑張っています。 もちろんレッスンもです! 8月は作編曲も頑張らないといけません。 全力で駆け抜けたいと思います! ※写真は横浜ロイヤルパークホテルの清水節子さんのディナーショー...

GWの真夏に迫る暑さから、一転、昨日から3月に戻ったような寒さですね。 体調管理には気をつけないと! さて演奏情報の告知です。 本日発売のドラマCD「あめふらし」 主演:飯田里穂 、 はるかひとみ  OP,ED曲ギターを担当させていただきました。 http://tower...

GWはいかがお過ごしでしょうか? 僕は普段と変わらず仕事をしている毎日です。 4/29には岩船山クリフステージに出演させていただいて、3400人という大勢のお客様の前でメインとなるインストを含め、バックバンドで演奏するという機会に恵まれました。 また、スタジオでガットギター、アコ...

先日は桜咲く目黒川付近のレコーディングスタジオで アコースティックギターとガットギターのダビングをしてきました。 スタジオワークは限られた時間(この日は1時間)の中で行うので、色々な角度から日々鍛錬していなくてはいけません。 もっと良いギターが弾けるように頑張っていきたいと思います。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ