全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ ジャズギター ...

ジャズギター ローランドのJC-120(ジャズコーラス)を使う際の、音色についてアドバイス 実例

生徒さんが「ローランドのJC-120(ジャズコーラス)」で演奏していた音を聴いて、
ジャズギターとしての音色のアドバイスをさせていただきました。
レッスンのアドバイスの実例として紹介します。

以下、生徒さん(Aさん)へのメッセージです。

---------------------------------------
音色については好みがあるので、決して一概にはいえないのですが、
Aさんのセッティングが若干トレブリーで固いかなと感じました。(あくまでもジャズギターとしてですが。)
ローランドのJCは基本的にトランジスタなので音が固いため、ジャズギターの音色としては少し工夫が必要です。
以前、アンプワークショップという生徒さん向けの内容でやったのですが、
結局JC対策としては

「Middleを思い切って上げる。」
「ブースターを使う。」
「トーンを絞る」

という選択肢が上げられると思います。

特にブースターを使うことを一度、試してもらいたいです。
実はウェスとかも音は歪んでいますよね。(アンプのナチュラルなオーバードライブですが)
ほんの少しだけ歪ませると、チューブアンプっぽくなるので音色に艶が出るし、温かい音がします。
お気に入りのブースターがあると、セッションなどでどんなアンプを使用するかわからない場合でも、補正が効くので便利です。

あとはリバーブを少し足してみても良いかもしれません。
コンテンポラリー系はディレイも使ったりします。

そして何よりも、右手と左手です。
右手のピッキングに柔らかさ、しなりが十分にあるか、指弾きの場合、特に弦を引っ張り上げるようなかたちになっていないか。(場合によってはバチッと弾くのもアリですが)
左手で押弦している時間(=サスティン)が十分にあるのか、
再考してみると良いかもしれません。
ギターは音を長く押えるのが難しい楽器で、上手な人は押えている時間が長いです。

そのようなことを踏まえて、良い音がでるよう、一度じっくりとスタジオでローランドのJC120をいじってみてください。
------------------------------------------------

以上のように、レッスンでは生徒さんから様々なご相談をいただいたりしながら、フィードバックを丁寧にしております。

お気軽にご相談ください!

 

(2016年11月10日(木) 13:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バークリーの奨学金もパスした実力派!レコーディングにも精通

ビタミン・ギタースクール
三田村和義 (エレキギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下北沢・高...

ブログ記事 ページ先頭へ