全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 オーシャンロード・エレキギター塾 スクールブログ 平常運転は大切...

平常運転は大切ですよ〜

先週の金曜日から、信州へ合宿のお手伝いに行っていました。

他のジャンルの音楽合宿で、幸運にも(?)お天気的には雨がつづき、みなさん宿舎でガツガツと練習とレッスン受講のサイクルを繰り返し、貴重なディシプリン・デイズになったのではないかと思います。

しかしまぁ、いやはや。私自身は生徒さんではなく、お手伝いで、オーガナイズする方に参加するのは、それはそれで大変でしたが…。

さぁ、しかし普通の生活者の我々に大切なのは、やはり普通の日々のなかで楽器を習得していく時間。

大切なのは「時間の長さ」ではなく、練習のなかでいくつ発見できるか、ではないかと思っています。毎日10分でも、ギターに触れてみましょう。ただし漫然と触れるのではなく「今日の10分は、こういう風に使おう、こういう事にトライしてみよう」と、練習前、たとえば通勤時間、入浴中、勤務先での休憩時間などに練っておくと、漫然と「うっは、楽器を手に取るまでなにもイメージしていなかったヨ!」という練習との密度の高さの違いは如実です。

10分(短時間の練習のたとえなので、30分でも、1時間でも同じですが)のなかで、どれだけの成果を得ることができるのか?

たとえば…こういう考え方はどうでしょう?付箋1枚に、どれだけの情報量を配置できるのか?あるいは、名刺の裏で、自分の練習を説明できるか?A4ノート1ページなら?

練習時間を「面積」と考えてみるのは、けっこう面白いと思います。

取り組む時間に左右されず、費用対効果の良い(笑)練習を!

Keep on rockin' !

平常運転は大切ですよ〜

(2016年8月31日(水) 10:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

対応ジャンルの広さと分析力が売り!ロック談義に花咲く気さくな関西人先生

ブログ記事 ページ先頭へ