全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 オーシャンロード・エレキギター塾 スクールブログ メトロノームを...

メトロノームを使った練習法(前編)

楽器の練習をはじめた当初、いちばんガックリくるのが、「ものすごく頑張ってマスターした曲、誰かに聴かせようと思ったら、あれ?のっけからガタガタ…」というやつです。この恐怖の体験といいましょうか、練習していたイメージとのギャップを埋めてくれるのが「メトロノームを使った練習」と思っています。

ザ・練習は、えてして孤独なもので、ガンガンのめりこんで行く傾向があるのですが、ここで大切なのが、楽器(音楽)のもつ「時間芸術としての特徴」です。たとえば絵を描いたり文章を書いたり、はたまたアクセサリーづくりなどと大きくことなるのが、音楽は「かならず時間の経過とともに表現される」ということです。

書いてみて、エラいことカタい表現になってしまい、ビックリしていますが(笑)これは音楽というアートの大きな特異性で、4分半の音楽を聴いて味わうにも、表現するにも、確実に4分半という時間がかかる、ということです。(またカタい…)

なにをもったいぶって書いているかというと、ひとりでコツコツ練習していると、ひとつひとつの音を順番に出していくことに必死になってしまって、いざ「せーの」で弾こうとする、つまり「時間にのせる」と、それらがちゃんとつながっていかない、また、早くなったり遅くなったり、一定のスピード(テンポ)で演奏することができていないことがあります。

もちろん、速さを変化させる音楽もあるのですが、一般的なポピュラーミュージック、ロックとかポップとかですね、は、一定の速さで演奏することを求められます。速さを変化させる場合も、前提として「一定の速さで演奏できる」上で、速くしたり遅くしたりとコントロールすることになり、どちらかというと、さらに上級編、ということになってきます。

そこで必要になってくるのが「練習に、自分の感覚だけでなく、一定のスピードで弾けているか、音楽として成立しているか」という、客観的な視点です。もちろん、誰かに聴いてもらって「どう?」とやるのが最短ではあるのですが、練習の間じゅうというわけにもいきませんよね。

で、ちまたで言われるリズム感とかタイム感とか言われるものや、はたまた、そもそも音楽になっているかどうか、というところを、鬼のように客観的に(なんたってマシン)、ガッチリとサポートしてくれるのが、メトロノーム(クリックともいいます)です。

次回は、簡単でいて、奥の深いメトロノームを使った練習についてさらに解説していきます。

メトロノームを使った練習法(前編)

(2016年6月23日(木) 6:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

対応ジャンルの広さと分析力が売り!ロック談義に花咲く気さくな関西人先生

ブログ記事 ページ先頭へ