全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 Guitar School ・up! スクールブログ 音楽を、より楽...

音楽を、より楽しむ為の音楽理論

生徒さんの中には音楽理論を求める方もいらっしゃいます。

理論と聞くと、
「うーん、なんだかなぁ、そんな堅苦しい事、、」
と考えてしまう人もいるかもしれません(^-^;

でも、生活をしている中で、
「ん?何でこうなるんだ?」と思うことありませんか?
例えば、
「時間は絶対に戻らないのだろうか?」
はい、これは戻ることはないですよね(笑)
いや、多分。
というか前例を聞いたことがないですよね(笑)

ちょっと例えばなしとしては最低でしたね(^-^;

話を戻します。。

ギターを弾いていたり、作曲をしてみたりして一度は思うことがあると思います。
「マイナーって何なの?押さえ方は覚えたけど、そもそも何なの?」
だったり、
「いつも同じ展開の曲、コード進行、ソロも違うフレーズを弾いているのに全体的な雰囲気が似てしまう」
などといった経験はないですか?

僕も未だにあります(>_<)
そんな時は少し考えるんです。
このコード進行ならば、このスケールにもっていけるのではないか?とかを。

音楽理論という話をし出すと長い長い、ある意味昔ばなしよりもとても長い話になってしまうのでこの辺で止めておきます。

そんなこともやります教室です(笑)

僕はMESAR HAUSという音楽学校に通っていたのですが、その時の教材を今見返してみると、新しい発見をしたりしました。
というか、当時にメモしていた自分のノートに書かれていることが凄まじい(笑)
今見ると、熱いですね(^-^;

自分のプレイにも活かせますよ!



 

(2016年5月12日(木) 19:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ラジオ日本にも出演の実力派!初心者にもゆっくり教えてくれます

ブログ記事 ページ先頭へ