全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター神奈川 ゆうだいのエレキギター教室 スクールブログ マルチエフェク...

マルチエフェクターとコンパクトエフェクターについて

ども〜(^^)
エレキギターコーチのゆうだいです!(≧∇≦)

記念すべき第1回目のブログという事で何を書こうか非常に迷いました(笑)

今回はあらゆるジャンルに関する音作りに関して書いていこうと思います!


最近LIVEでもよく見かけるようになったマルチエフェクター。

コンパクトエフェクターの方が音は作りやすく、視覚的にも直ぐわかるので未だにコンパクトの方が好まれる傾向が強いですが、僕はマルチエフェクターをお勧めします!(^^)

理由は、音作りが難しいからです。

『え?難しいならコンパクトの方がいいのでは…』と思われた人もいっぱいいるでしょう!

でも、例えば毎回マーシャルのJCM900でLIVEをやってる人がいたとします。

しかし、違うライブハウスに行った際、『JCM900が無い!』ってなった時。

下手したら使ったことも無い変なアンプに当たることだってあります。

そういう状況でいつもと同じ音を作れる人は、残念ながら物凄く少ないです。

その点、マルチで音を作っている人の場合周波数などをある程度理解しているので未知のアンプを使った時でも『あ〜!このつまみをいじるとここの周波数も上がるのか〜』みたいに、直ぐにアンプの特性が分かるようになります。

基本的にマルチ使いはどこのスタジオやライブハウスにも1台はあるだろうアンプのJC-120(通称ジャズコ(ジャスコじゃないよ))を使います。

何でこれを使うのかを書くと長くなってしまうので体験レッスンに遊びに来てくれたら教えます(笑)

マルチの場合、最悪アンプを通さずミキサーに直!っていう選択肢もあります(笑)

あんまりPAさんはいい顔しないですけどね( ^ω^ )

なので、マルチは基本的にどこに行っても同じ音を出せます。


ん?何だか物凄く長くなってる気がするぞ?(笑)

あんまり長くなると呼んでくれる人から『なげーよっ!』ってツッコミをいただきそうなので簡潔にメリットデメリットをあげようと思います!

コンパクト

メリット

・つまみが見えるから視覚的に音を作りやすい。
・何かカッコイイ(笑)
・コンパクトにしか出せない音がある

デメリット

・いろいろ揃えると高くつく
・いっぱい繋ぐとLIVEでトラブルがあった時どこが悪いのか分かりにくい
・相性の悪いアンプが存在する
・普段と違うアンプを使った時の音作りが難しい

マルチ

メリット

・ケーブル類がすっきり
・どこの会場でも自分の音が出せる(例外あり)
・いろいろなアンプやエフェクターのモデリングが入っているので『大体こんな感じの音なんだ!』って感じがわかりやすい
・デュアルでの音作りが手軽にできる
・かなりの数のモデリングが入っているので経済的に優しい
・レコーディングでもあらかじめ作った音で直ぐに録音できる

デメリット

・とにかく音作りが難しい(笑)
・モデリングが多すぎて何が何やら分かりにくい(初心者の方に多いです)
・ちょっと重い
・電池で動かない
・安いやつだと音がしょぼい


と、まとめてみましたがいかがでしょうか?



音作りに悩んでる人や、どんなエフェクターを買おうか迷ってる人は相談に乗りますよ〜!(≧∇≦)

是非是非、体験レッスンに遊びに来てください(^^)

 

(2016年4月16日(土) 17:58)

次の記事

この記事を書いたコーチ

海外の著名ドラマーとも共演!フランクな先生と笑顔の絶えないレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ