全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター福岡 夢弦エレキギタースクール スクールブログ コードチェンジ...

コードチェンジ必勝法⁈

以前もコードチェンジについてブログを書きましたが再びコードチェンジネタでございますε-(´∀`; )

ある程度基本的なコードが押さえれるようになった後に来る試練はコードチェンジでございます(・_・;

コードチェンジでもっと意識する所は現在鳴らしているコードからコードチェンジする際に隙間をどれだけ無くしてコードチェンジ出来るかと言う事になりますε-(´∀`; )

例えば全音符(1小節分伸ばす)でCを弾いたとします。
そして次の小節の頭でコードチェンジするとします。

この時よくあるのが意図としない休符が入る事です(^^;;

コードチェンジが上手くいかずに8分休符や16分休符分遅れてしまう為にこの事象が起こります_| ̄|○

そして遅れる原因は素早く、正確にコードチェンジが出来ない為に遅れてしまいます(^^;;

それでは素早く、正確にコードチェンジするにはどうすればいいのかと言う事ですが、
コードチェンジが苦手な人はコードチェンジをする際に指だけでコードの形を作ろうと意識している場合が多く、その為に次のコードに移る際にタイムロスしてしまい結果リズムも乱れ綺麗にコードが押さえれなくなります(^^;;

コードチェンジの際に重要な事は手首を使って指を移動させるイメージが大事になって来ます(^o^)/

例えばローコードのEからAmに移動するとき(ローコードのEとAmの押さえ方が分からない方はインターネットなどで検索して下さい)
Eの状態まま手首を返して見て下さい、するとAmのコードが完成しているハズです(笑)

この時気をつけないといけないのがコードを強く押さえ過ぎてはいけないと言う事です!

理由は弦を強く押さえ過ぎると音がシャープ(上がる)してしまい綺麗な音で無くなる点と
力みがあると手首が固まり上手く手首を使えなくなりますε-(´∀`; )

これはコードチェンジ以外のプレイの時も共通して言える事ですねε-(´∀`; )

なのでリラックスして軽いタッチを意識して下さい(`_´)ゞ

しかしながらそれでも力が入ってしまう方もいると思います(^^;;

力が入る原因は指が独立して動かないそして指が開かない為に無理して押さえようとするので力が入ってしまうのです(^^;;

リラックスして力み無くギターを弾く為には身体面の強化が必須になって来ます(^ー゜)

例えば6弦5フレットを人差し指、5弦7フレットを中指、4弦9フレットを小指で押さえます!

このコードはAadd9(Aアドナインス)と言う小難しい名前のコードですが初心者の方にはかなりキツイ指の形になると思います(^^;;

このようにコードやギタープレイ全般で大きく揺れを開くとをストレッチやワイドストレッチと呼びます!

このようなストレッチの効いたコードを押さえようとすると最初は指が届かなかったり、音が綺麗に鳴ら無いと思いますが日々の練習に取り入れる事により指の間が徐々に開くようになります(^ー゜)

すると以前は押さえるのが難しいと感じていたコードが楽に押さえれるようになります!

楽に押さえれると感じれたら必然的に力みも無くなっていると思います!

指の開きや独立性は一朝一夕ではなかなか効果は出ませんが地道に毎日やる事で徐々に出来るようになるので頑張って下さい(`_´)ゞ

そしてコードチェンジでもう1つ意識すべき点があります!
それは今現在押さえているコードをコードチェンジまでどれだけ長く押さえれるかと言う所です!

コードチェンジしなくてはいけないと思い今押さえているコードが疎かになりがちです(・_・;

焦ってコードチェンジするとこれもまたリズムが乱れる原因になりますのでコードチェンジするギリギリまで音を伸ばしてコードチェンジを素早くそしてスムーズに押さえれるように頑張って下さい(`_´)ゞ

このようにリズムを乱さず尚且つ正確にコードチェンジをすると言うように条件をつけるとどんなにシンプルなコードチェンジでも激ムズだと思いますε-(´∀`; )

なので世の中に簡単な曲など無いと言う事ですね!
シンプルな曲や単純な構成の曲はありますが楽器で音楽を演奏するのはどの曲でも難しいですm(__)m

なのでギターで出来ない事があっても落ち込まずにそれぞれのレベルでレベルアップして過去の自分を少しずつ超える事によって上達していきましょう( ´ ▽ ` )ノ

それではまたまたm(__)m

 

(2016年1月28日(木) 10:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メタルバンドで活躍中。ゼロから超絶ギタリストへの道も夢じゃない

ブログ記事 ページ先頭へ