全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ 左手のフォーム...

左手のフォームの習得のためにレガートの練習をしましょう。

今日のワンポイントアドバイスです。

ギターの左手のフォームをつくるには「レガート」に弾くことが良いと言われています。
レガートとはギターの場合、ハンマリング、プリング、スライドを使って音をつなげることです。

特にハンマリング、プリングの練習が役立ちます。

例えば5弦3フレットのドから3弦5フレットのドまで、ドレミファソラシドをつなげて弾いてみましょう。
ド→レ、ミ→ファ→ソ、ラ→シ→ド 
→をハンマリングでつなげて上昇、
ド→シ→ラ、ソ→ファ→ミ、レ→ドをプリングで
→をプリングでつなげて下降しましょう。

チェックするべきポイントは
左手の指の第一関節を曲げて、「指が立っている状態」になっているかどうか。
出来ていないと綺麗に音が出ないはずです。

またプリングでは次の運指の準備の用意ができていないと滑らかに弾くことができません。

そして指をなるべくバタバタさせないように、無駄な動きがないよう注意しましょう。


このようにしてギターの基本的な左手を習得するために、是非、レガートの練習をしてみてください。



※年末年始のレッスン、大晦日と元旦以外は承っております。
お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願い致します。

 

(2015年12月23日(水) 1:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バークリーの奨学金もパスした実力派!レコーディングにも精通

ビタミン・ギタースクール
三田村和義 (エレキギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下北沢・高...

ブログ記事 ページ先頭へ