全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター北海道 Guitar School薔薇と黒猫 スクールブログ マルチエフェク...

マルチエフェクターについて思うこと!

どーも!
ヒロセです!

今日はエフェクターについて。
マルチエフェクターね!

僕が若い頃に流行ったのは「BOSS me-8」です。
今でもこのマルチエフェクターに敵うモノはないと思います。

現代のマルチとの大きな違いは、、、アンプモデリングがない点。
宅録などの利便性を考えてのことなのがなんなのかわかりませんが、、、。
ペダルにアンプまで入ってしまったら本来のアンプの役割は?

スタジオやライブハウスには必ずと言っていい程、Marshallやケトナーという良いアンプがあるわけで、、、。その性能を使わない手はないと思います。
しかしながらチャンネル切り替えのフットスイッチや、それらを制御できるコントローラー「midi的なやつ」を用意するにはお金がかかるし、完璧なクリーントーンから、クランチ、リード、すべてをペダルでコントロールするには本来のアンプは歪ませず、イコライザーもフラットセッティングにするしかないわけですが。
それではせっかくのアンプも音の出る箱としてしか機能しないわけです。

僕の場合はアンプでクランチ程に歪ませ、アンプのイコライザーはバッキング時のセッティングにします。この時点で完璧なクリーントーンは不可能ですが、クリーンに近い音は出せます!ギターにタップスイッチが付いてるので、シングルコイルにし、ギターの方のボリュームを下げます。ペダルでコーラスなど、モジュレーション系のエフェクトに設定します。完璧なクリーンは出せませんが、ギター、エフェクター、アンプ、すべてを活かしたセッティングができます。
そもそもロックというジャンルで演奏する以上、クリーントーンよりも歪みを活かすべき!という考え。

よく、スタジオやライブハウスに自分のヘッドを持ち込んでいる人がいますが、それはアンプという機材を最大限に活かしたいからでしょう。お金はかかりますがアンプのすべてのチャンネルとそれを制御できるコントローラーさえあれば自由自在ですから。
僕もいずれはそのスタイルでいきたいですが、現状な経済力では無理(笑)

少し話はそれましたが(笑)
現代のマルチ、BOSSのGTなど、、、。
古いマルチとの違いは他にもあります!
アナログ→デジタルなど。
それと現代のマルチはとにかく多機能!なのは良いですが、使わないような機能もここぞとばかりに盛り込まれており逆に使い勝手が悪い!
GT-10を少し前まで使ってましたがわけわからなくて売りましたね(笑)

まぁ。時代の進化なんでしょうけど。
でも、よく考えてみてください!
80年代のハードロックやヘビーメタル。テクニカルなプレイが流行り、楽曲的にも70年代から比べると歪ませたサウンドで派手なプレイが求められるようになりましたが、、、80年代のその手のジャンルのサウンドってやっぱり雑に聴こえませんか?歪ませればノイズやらハウリングやら様々な問題がでてきますし、ギタープレイこそテクニカルな路線にはなりましたがサウンド面でそれには追いつかなかった感じがします!
90年代のバンドはその点が改善されたように思います!
つまり90年代の機材、先ほどあげたme-8もそうですがこの時代の機材は凄く優れたモノだと思います!

2000年以降は極端にチューニングを下げた音楽や、ギターにおいても7弦、8弦と増えていき、、、それに加え、ジャズ、フュージョン、ファンク、などあらゆるジャンルに対応した結果、今のようなマルチエフェクターになってしまったのでしょう。複数のユーザーに対応した結果、自分のスタイルやジャンルに特化したギタリストには受け入れられない結果になったわけですね!

ヤバッ、かなり長文(笑)
まぁ、いずれにせよペダル選びは慎重に!
自分のスタイルや出したい音を考えて買いましょう!
アンプに比べればエフェクターなんて安いですが、コンパクトエフェクターにしても1万ぐらいするのは当たり前ですからね!

音作りの相談も乗りますよ!
レッスン待ってます!

 

(2015年12月5日(土) 4:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ステージ経験多数!CD自主制作の経験も。楽しむプレイをお手伝い

Guitar School薔薇と黒猫
広瀬和孝 (エレキギター)

琴似・札幌・苗穂・宮の沢・西28丁目・菊水・すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ