全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター大阪 エレキギタースクール244 スクールブログ 譜面と台本、役...

譜面と台本、役者とギタリスト(*^_^*)

役者とギタリストにはとても共通する部分が多い!(*^_^*)

表現者!という点では全く同じ!!

台本に目を通し、覚えて、その役に入り込みその役者の解釈で感情を加え表現する。

この流れは全くギタリストと同じ!!セリフを覚えただけでは全く役にならない!そこに感情を加えて表現する事が重要………まさにクラシックピアノのコンクールなどはこの部分を争っているんだよね!

作曲者がどう弾いていたか??ではなくピアニストの解釈で加えた感情がどれだけ素晴らしいか?っていうレベル……自分にあった楽曲を選ぶ所もとても重要、ミストーンが無いのは当たり前の世界(゜o゜;

話しを元に戻そう、フレーズを覚えたら難しい所を集中的に何度も練習して全体の流れをスムーズにしよう!長いフレーズはいくつかに分ける事が出来るので細かく練習して最後に繋げて練習だね!

ひらがなの部分はスラスラ言えても漢字が出てくるとつまづくっていう事にならないように、弾ける所は練習しなくてOK!

苦手な所を集中して練習!あとは、譜面に惑わせれ無い事も重要だね!

譜面に書いてるリズム譜はあって無いようなものあくまでも目安でしか無い!そこは自分の耳を信用して耳で感じ取ろう!弾いているのは他人が作ったもの!

自分なりにその人のフィーリングを消化する必要がある!その上で自分なりの解釈で自分なりの表現方法で弾いていこう!

自分で作曲した時にその辺りの事がとても役に立つという思います!(*^_^*)

自分の表現方法を取り入れる場所は少ないと思うかもしれないけどそんな事は無い!とても範囲は広い!

と思えるようになろう(^O^)v

 

(2015年7月25日(土) 20:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ハードロック・メタル好き必見!温和な先生なので気兼ねなく相談OK

エレキギタースクール244
喜岡剛 (エレキギター)

新大阪・梅田/大阪・天王寺・京橋・弁天町・西九条・福島・天満・玉造・鶴橋・寺田町・難...

ブログ記事 ページ先頭へ