全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター福岡 夢弦エレキギタースクール スクールブログ エレキギターも...

エレキギターも生音が大事ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

こんにちは(*^o^*)

今回のテーマは『生音』です!

普段練習する時ほとんどの人がアンプを使って練習すると思います!

そんなの当たり前じゃん(^^;;と思うかもしれませんが、

アンプはセッティングによって大きくサウンドが変化します。

歪んだ音、クリーントーン、クランチ、ジャキジャキな音など多種多様にあります!

それでは生音とは何か?なんですが
アンプに通してない状態の事です(=゜ω゜)ノ

エレキギターは生音をピックアップと言う装置で電気信号化してアンプから音が出るので
多くの人はアンプから出る音で弾けてる、弾けてないを判断してしまいます(^^;;

ではアンプの出音だけで判断するとどのようなマイナス面があるかと言うと、
例えば普段の練習する音がかなり歪んだ音で練習しているとしましょう( ´ ▽ ` )ノ

そして日本の住宅事情を考えるとヴォリュームはかなり下げて小さな音で練習しなくてはいけません、もしくはヘッドホンなど使用されている方もいると思います!

家で練習している時は弾けてるのに、いざスタジオで同じように弾くと全く弾けないと言う経験があると思います(^^;;

スタジオに置いてあるアンプはプロが使う巨大なアンプです、そして大きな音でギターを弾かなくてはなりません。

そして大きな音でゲインを上げても自宅用アンプのように歪んだ弾きやすい音にはならないのです(^^;;

家では弾けるのにスタジオでは弾けない原因はアンプの問題では無く家でもちゃんと弾けてないと言う事になります_| ̄|○

それではどうすればサウンド、アンプ、環境に左右されずに弾ける様になるか?

それは生音でしっかり弾けるようになる事なのです!

アンプ、そしてエフェクターは絵で言うと絵具です!

そして生音は下書きの部分になります!

どんなに綺麗な絵の具を使っても下地がしっかりと描かれてなければ台無しになってしまいます(^^;;

生音は決して誤魔化せません(^^;;

よくエレキギタリストよりアコギギタリストの方がギターが上手いと言われる所以はアコギは生音のみで音を出すので誤魔化せませんがエレキギターはエフェクターなどである程度弾きやすいサウンドメイクが出来るので(^^;;

もちろん僕はエレキギタリストがアコギギタリストに劣るとは思いませんが、生音を大切にしているのはと言う意味で(*^o^*)

なので弾けてるか弾けてないかの基準は生音で判断しましょう( ´ ▽ ` )ノ

生音で弾けたら、エフェクターがどうとか、アンプがどうとか気にせずに弾けるようになりますよ〜(*^o^*)

これは、マジです(*^_^*)

それでは、ギターライフをお楽しみ下さい( ´ ▽ ` )ノ

またまたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

(2015年7月20日(月) 16:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メタルバンドで活躍中。ゼロから超絶ギタリストへの道も夢じゃない

ブログ記事 ページ先頭へ