全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 サトウコウジ・ギター教室 スクールブログ ちょっと小休止...

ちょっと小休止って重要

こんにちは、サトウコウジです。

ギターを始めた頃に一番最初に挫折する原因は「音が出ない」が多いんじゃないでしょうか。

特にFコードでお馴染みのバレーコードというやつは、何人もの人達を挫折に追いやった代表的なコードです。

僕も例にもれずFコードで一度挫折しかけたことがありました(笑)


あれは中学2年生の頃だったかな。

えっ、これ一つの指で全部の弦を押さえるってこと?
ん?なんだ?音でないよ...

何度やっても出なかったです。

出ろー!出ろー!と念を送った記憶もありますが(笑)

なかなかでません...

で、もうなんか煮詰まっちゃって数日間ギターを弾かなかったんです。


で、何日かしてからまたやってみようと思い立ってやってみたらなんと...

音がでたんです!

「はっ?なにこれ?なんで?あんなに出なかったのに!」ってなりますよね。


その後もうまく弾けないフレーズとかがあったときに、もーいやになるほどたくさん反復練習してから数日ギターから離れてまたやるとなんか上手くなってたりすることがありました。


練習をたくさんするのも重要ですが、同じぐらいちょっと休んで冷静になるということも重要だったりします。

もし「わーー!」ってなったら、一回離れてみるのもありですね。

ただし、戻ってこれる程度にですよ(笑)

 

(2015年5月31日(日) 19:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ヤマハの大会で最優秀賞!作詞・作曲・ボーカルも相談に乗ります

サトウコウジ・ギター教室
佐藤公治 (エレキギター)

渋谷・原宿・池袋・北朝霞・東新宿

ブログ記事 ページ先頭へ