全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター栃木 つま弾くさとしのわくわくエレキギター教室 スクールブログ まず、寄り添う...

まず、寄り添うことが大切。

こんばんは、日光市ギター教室の野口理です。

先週、何年かぶりにエフェクター
(ギターの音色を変えるアイテム)
を買いました。

僕は、基本的にまずアンプ直の音で
良い音で弾く、弾いてもらいたいので
気がつけば、手元に一つも無かったf^_^;)

毎週LIVEをやるような事は、
今は無いので、エフェクター無くても
問題無かったんです。

そんなコトを思い出して、
気が付いたコトを
書いてみます。

とはいえ、
ギターは道具ありき
です。

ギター本体、弦、ピック、シールド、エフェクター、アンプ、などなど

アイテムたちは、日々進化し、
多様化し、僕たちのギターライフを
楽しませてくれます。

が、

あくまで僕の意見です。

ツルっと使ってみて
「なんだ?イマイチしっくりこないな、ちがうの買お」
と、
手にしたアイテムに寄り添う前に
買い換えることは、
おすすめしません。


ただでさえ、アイテムが増えれば
出音の変数ポイントが増えます。

以前、先輩プレイヤーに言われました。

「野口くん、ギターってスゴイよね、
ピックアップが2つ以上あるし、
トーンツマミ、ヴォリュームツマミもあるし、
さらに右手というエフェクターもある!だろ」

そうなんです、確かにたくさん機材があれば
いろんな音が出せるし、楽しいけれど、

手持ちのアイテムを使い倒して
感じることも、大切だし
使い倒すことでちがう機材の特徴が
明確になります。

ですので、まずは欲張らずに
手持ちの三種の神器

ギター本体、シールド、アンプ

で、かっこ良く弾ければ
良いんじゃぁーないでしょうか?

では、また。


PS
補足しますと、エフェクターが悪いということじゃないです。
自分も正直、楽器屋さんで延々試奏するのが、大好きです。
もちろん、色々試す好奇心も持ってたいですね。

 

(2015年4月12日(日) 0:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アルバムも4枚リリース!明るいコーチと上達が楽しめる楽しいレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ