全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター長野 adlib ギター塾 スクールブログ 演奏を支える ...

演奏を支える 陰の努力

https://www.youtube.com/watch?v=Nzzbm-Qn9YE

https://www.youtube.com/watch?v=jIWOHPdCFVY

どうも 塾長 Dr.シ~ゲル です。

ギターやベースを弾く時どうしてもネックの下からフレットボードへ限りなく

手のひらを向き合わせなければならないときが多々ある、ギターを始めた時

Fのコードをどう克服したのか?腕の長さがモノを言うのはおわかりでしょうか?

特に小6の女子の生徒さんをコーチしている時つくづく上記 田川ヒロアキ氏

の奏法を思い出してしまう。このアプローチを教えられたらと・・・

田川氏 耳が人より優れているのは分かる しかしこの完成度は・・・・・

どのくらい練習すれば? テクニック的には相当やっているはず

ハンディの有無は関係なく テクニックを身につけるには ゆっくり正確に

はじめて スピードアップをしていくと言う練習はするであろう。

さて、刺激を受けた感性を 練習の完成 へ近づけるため ギターを

いつも そばに置き すぐに抱えられるよう そして、

練習すべき課題を 目に付く場所に掲げ ひたすらやるのみなのだが・・・・

 

(2015年4月8日(水) 14:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

高評価なアドリブに、作曲まで行うマルチな才能も。まずは楽しむお手伝い

ブログ記事 ページ先頭へ