全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 みのわエレキギター教室 スクールブログ スラスラ弾ける...

スラスラ弾けるようにするためのコツ2つ!


こんにちは。

今回は初心者~中級者向けに、
「この部分が上手く曲の流れにのって弾けない!」
というときの打開策を2つお教えしようと思います!



①【右手、左手共に余計な力が入っていないか】
まず右手から。
これはピックの持ち方になりますが、指先からピックが出すぎていませんか?
弾きにくい場合はピックを出す面積を減らす、長く出さないようにするといいと思います。
長く出すぎているとその分弦に引っ掛かる力も大きくなって、ピックを持つ力も強くなってしまいます。

細かいことは実際のレッスンにて指導していきます(^-^)
ピックをぎゅっと握ると力が入ってしまいます。
握るというよりはピックを押さえるくらいの感覚で大丈夫です。



次は左手です。
これは弦を押さえ方になります。
最初は慣れないコード等は特に力が入ってしまいがちです。
弾くときは肩の力を抜きましょう。
意外と軽く押さえるだけでコードを鳴らせます(^-^)
これに関しても細かいところはレッスンにて手のフォームを見ながら指導していきたいと思います。




②【ものすごくゆっくり弾いてみる】
コード弾き、フレーズ共になかなか流れにのって弾けなくて困っているという時は、
メトロノーム、クリックのテンポをとりあえず下げて練習することをおすすめします。

「え、こんなに遅く弾いてもかっこよくないよー」

と思う方もいるかもしれませんが、
まずは遅いテンポで弾けるようにしましょう。
遅く弾けるようになったら少しずつテンポを上げていって、
原曲のテンポでも「あれ、弾けるかも?」
となってきます。

これは遅ーく弾くことによってそのフレーズの正しいリズムが身に付いてきたからです。
早いテンポで練習し続けると正しいリズムというものを感じることに時間が掛かる場合があります。



今回はここまで!

本当はもっと細かいところまで教えたいのですが、文章だとなかなか難しいです(T-T)

実際のレッスンでは一人一人苦手なところを聞いて、コツを教えていきたいと思います!

それでは(^-^)/

 

(2015年3月21日(土) 16:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アニソンやポップス好きな明るい講師が、ピックの持ち方から丁寧にレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ