全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 新垣慶太のギタースクールZ スクールブログ スクールはじめ...

スクールはじめました。~弦、選び編#1~

さあ今回はタイトルどおり「弦(エレキ)」についてふれていきます!(笑)


ギター選び、ピック選びに次いで重要な弦選びですが、
「よくわかんないからジャケ買いでいいや」なんて方いるんじゃないでしょうか?
だめですよ~w

弦と言っても色々あるんです。
まず簡単に説明していきましょう。

「弦とは6~4弦のワウンド弦、3~1弦のプレーン弦、計6本」で1セットです。


・プレーン弦
その名の通り加工してそのままの弦。

・ワウンド弦
プレーンに巻弦のついたもの

更にゲージ(太さ)の種類もいくつかあります


・エクストラライトゲージ

一弦0.08から6弦0.37位
一番細いです。
個人的には絶対おすすめしません!(笑)


・スーパーライトゲージ

00.9~0.42
速弾きする方が使ってることが多いかも?
ただメタルをやる上で0.42は少し心もとない気もします..
弾きやすいので女性やお子さんにオススメ。


・ライトゲージ

0.1~0.46
一般的な太さ
迷ったらライトゲージがおすすめです。
最初はチョーキングで弦に指が負けたり、苦労はありますが
キレや芯のある音を出すには、このくらいの太さが必要になってきます。


・ミディアムゲージ

0.11~0.49
ブルース、フュージョン、ジャズでのプレイがメインの方が使う弦。
MIDが強いのでにPOPSなどには不向きに感じます
右手のタッチのコントロールも難しくなってくるので、上級者向けです。


といった感じでしょうか?
太さによって弾きやすさ、音の太さが変わってくるんです。

※上記のはあくまで基準です。



またメーカー、種類によって材質、ゲージも変わります。
オーソドックスなメーカーをあげると


・ダダリオ

・アーニーボール

・エリクサー


あたりですかね?

ここからは音の好みになってきますので、
まずはそれぞれ試してみて下さい!


次回さらに深く触れていきます~♪それでわ\(^^)/

 

(2015年3月16日(月) 15:15)

前の記事

この記事を書いたコーチ

セッション・ライブ経験豊富!あなたのセンスと理論を大事にしたレッスン

新垣慶太のギタースクールZ
新垣慶太 (エレキギター)

立川・八王子・日野・西八王子・高尾・国立

ブログ記事 ページ先頭へ