サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 上田康弘ギター教室 スクールブログ レコーディング...

レコーディング体験

一昨日から生徒さんにProtoolsを使ってレコーディングの体験をしてもらっています。

二通りのパターンでレコーディングしてもらってます。

まずはライブでやるような感じで、
一通り弾いてもらう。

それを聴くことによって素の自分のプレイの現状を確認してもらってます。

もう一つは本格的なレコーディングのようにパートごとに録って、
実際のレコーディングを体験してもらって、
それをちゃんとミックスして音源にします。

レコーディングを体験すること自体と、一つ一つのパートを突き詰めないといけないので、
いい加減になっているところとか気が付くのでより曲を演奏することの精度が高まることが狙いです。

まだ二人しかこのレッスンを受けてないですが、
楽しそうかつ、新たな発見を感じてもらってるみたいだし、
何よりも自分も楽しいので、他の生徒さんにもどんどんレコーディングしてもらおうと思ってます。

 

(2015年1月25日(日) 12:35)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

さあでは早速リハをしましょう! まずはスタジオに入ったらセッティング。 ここで大事なのは音のバランスです。 自分のエゴばかりで音を大きくし過ぎてはいけませんし、 自分に自信がないからと音を小さくしてもいけません。 ドラムは生音なので、音量をコントロールしにくいので、 ド...

ギターって難しそうなイメージお持ちの方へ! 特にコードとか無理でしょ~って言われるんですが、パワーコードって2音だけで弾けるコードもあるんです。 ロックはこれの使用比率が高いし、これを知ってたらある程度の曲は簡易的にすれば弾くことも出来ます。 当教室ではアンプの音の出し方、ピ...

さて半年後にライブをすることになりました。 ちなみにVELL'z FIREやGUERRILLA GANGの場合は半年、いやもっと先も考えてブッキングをしているのですが、 (オファーによっては急に入れることもありますが)、 さすがに初めてのバンドでリハも何もする前からライブのブッキング...

さて続きです。 さあ、あなたは念願のバンドを結成しました! で、まず直面することは何の曲をやるのか、これに関しては結成の時にある程度方向性は話をしておいた方が良いですが、 具体的にどの曲をやるのかチョイスをしないといけません。 そしてリハーサルの日程。 でもその前に明確に...

前回のブログで大切なことを書き忘れていました! 大切なことを書き忘れてました! 以下、追記です。 メンバーの応募がきたら以下のことを必ずやりましょう。 スタジオで一緒に音を出してみる。 まあこれは当然ですよね。 飯に行く。 飲みでもお茶でも良いんですが、こ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ