サイタ音楽教室ギター教室エレキギター福岡 古川歩のエレキギター教室 スクールブログ ピックについて

ピックについて

エレキギターを弾く場合

ほとんどのギタリストはピックを使います。


選び方も人それぞれですが

自分はフェンダーのティアドロップ型のエクストラヘビー

がメインです。


練習用に同じタイプのヘビー、ミディアムも使っています。

これはピックの厚み、硬さを変えても安定したピッキングが

できているか確認するためです。


それぞれのピックに長所があり

柔らかいピックの場合、音抜けが良くなり

固く、反らないピックですとロスタイムがなく

速く弾く場合に良いとも言われています。


またピックの寿命は

どの硬さのものも数ヶ月から数年・・・

というか失くしたときに次のピックを使うといった感じです。


海外の有名ギタリストでも使い方は様々で

ステージでポンポン客席に投げる(ファンサービスでもあるのでしょうが)

ギタリストもいれば

マイケル・シェンカーのように

同じピックを数年使っている人もいます。


マイケル・シェンカーは昔のインタビューで

「ピックの削れた部分で弾くと、いいサウンドが出せるんだ」

とも言ってました。


マイケルの兄でスコーピオンズのルドルフ・シェンカーが

試しにマイケルのセッティング、ギターで弾いてみたそうですが

「マイケルと同じ音が出ない」と言っていたそうです。


ピッキング、タッチはプロのプレーヤーでも

人それぞれで、それが個性的なサウンドになるようです。





 

(2014年12月22日(月) 0:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド歴30年のHR・HM好きコーチ!楽しみながら上達する術を徹底伝授

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

レッスンを通じて学ぶのは生徒さんだけでなく コーチである自分も常に学ばせていただいてます。 自分がギターを始めた頃はインターネットもなく上達するために必要な情報を 探すのも大変な時代でした。 今は便利な時代だな・・・と思っていたのですが 生徒さんの一言 ...

1月11日は自分のバンドの今年初ライブでした。 うちのメンバーが主催のイベントで 10代の大学生から最年長は57歳 ポップス、ロック、メタル、ハードロックなど いいバンドさんに参加していただき楽しい一日を過ごしました。 自分自身は初ライブが16歳・・・ ...

どれだけ長くギターを弾いていても 日々の練習を怠ると、腕前は落ちてしまいます。 かといって、ダラダラと弾いていても なかなか上達はしません。 例えば苦手なフレーズがあったとします。 何度も繰り返し練習することも必要ですが 一番大事なのは 「自分...

エレキギターを弾く場合 ほとんどのギタリストはピックを使います。 選び方も人それぞれですが 自分はフェンダーのティアドロップ型のエクストラヘビー がメインです。 練習用に同じタイプのヘビー、ミディアムも使っています。 これはピックの厚み、硬さを変えて...

自分がギターを始めた頃 ちょうど、イングヴェイ・マルムスティーンがデビューし 当時としては圧倒的な速弾きで話題になっていました。 自分も奏法、特に左手以上に完璧にスナップが効いている 右手のピッキングは今でも参考にさせてもらっています。 初期の作品は、新鮮...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ