全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター福岡 夢弦エレキギタースクール スクールブログ コピーの意味と...

コピーの意味とは️

はい、おはようございます(*^o^*)
今回のテーマはズバリコピーです(^O^)/

みなさん今まで一度は曲のコピーにチャレンジした事もしくはこれからチャレンジされる方も多いと思います(^o^)

好きなバンドの曲をコピーする時は非常にワクワクしますね(*^o^*)

基礎練習はもちろん大事ですが、モチベーションを上げる為にコピーは非常に大事になって来ます!

しか〜し、なかなか上手く弾けなかったり、なかなか曲が覚えれないなど壁が存在するのも事実です(^^;;

今回はコピーのコツや、意味についてお話しますね(*^o^*)

まずコピーする曲はとにかく好きな曲や弾きたい曲を選ぶのが大事だと思いますが、あまりにも難易度が高い曲を始めからやるとなかなか進まないのである程度シンプルな構成の楽曲が最初はいいと思います(⌒▽⌒)

シンプルまたは単純な構成の楽曲=簡単ではないので注意して下さいね(^^;;

人によってコピーのやり方は千差万別で様々なやり方があると思います!

僕の場合は曲の頭から順番にコピーする事が多いです!
最初イントロを覚えて、次にAメロを覚えて、その次にイントロからAメロまで続けて弾く練習をします!そして覚えたら次はBメロ、ギターソロとコピーしてます(*^o^*)

まずコピーで大事なのが曲を覚える事なのですが譜面を見ながら弾いてもなかなか覚えれないのです(^^;;
もちろんポジションを確認するのに譜面を見るのですがその後必ずギターの指板を見て確認するようにして下さい(^O^)

譜面だけ見てコピーすると譜面無しで弾く時に全く覚えれてない事が多々あるので必ず押さえている場所を目で確認して下さい!

曲が弾けない原因として押さえる場所を覚えて無くて迷いながら弾く為に弾けない事があるのでしっかり指に覚え込ませて下さいね(≧∇≦)

そして何回やっても同じ所でミスをしてしまう場合、指が間違ったポジションを覚えてしまってる事があります!

そんな時はとにかくゆっくりテンポを落として正しいポジションを覚え直して見て下さい(^o^)

そして最初から原曲と同じスピードで弾かずにこれもテンポを落としてゆっくり弾くようにして下さい(^o^)

楽器は速く演奏するよりもゆっくり正確に演奏する方が難しいのでゆっくりで正確に弾けるようになった後でテンポを上げる方が効率よく弾けるようになります、急がば回れと言うやつですね(^^;;

曲をコピーして行くとだんだん自分がどこが苦手であるかが分かるようになって来ます。

例えばコードチェンジが苦手だとか、ギターソロになるとつまずくとか色々あると思います(^^;;

そんな時はそれに関連する基礎練習に戻りましょう(≧∇≦)

いくらやっても出来ない時はそのプレイの基礎が出来てないと言う事になるので重点的に練習しましょう(^O^)

そして今から衝撃的な事実を言いますが
コピーしている時はギターは上達はしないのです(^^;;

どう言う事かと言いますと例えば指が全く開かない状態で思いっきり指を開いて押さえるようなコードは物理的に弾けないと思います( ̄▽ ̄)

指を開くプレイの事をストレッチ又はワイドストレッチと言います。

ストレッチフレーズを弾く為には指を開くトレーニングが必要になって来ますので指の間に拳やゴムボールなど挟んだりして指を開く状態にする必要があります、指が開くようになるまでそのフレーズは一先ず置いてしばらくして指が開くようになった時にまたチャレンジすると以前は全く押さえれなかったコードがすんなり押さえれるようになります。

もう一つ例を出すとコードチェンジが上手くいかずにコピーが進まない場合はそれよりもシンプルなコードを使ってコードチェンジの練習をします、そしてそのコードチェンジが上手く出来るようになったら難易度を上げて行きます、そうすると久々にやるコピーの時に以前よりもスムーズにコードチェンジが出来るようになります。

つまりコピーによってギターが上手くなるのではなくてコピーをする時に出来ないところを探して基礎練習をする事によりギターが上手くなるのです!

ここにコピーの意味があります
基礎練習の重要性もここにあります

このように出来ない事を見つけて少しずつマスターして行くとある時一気にギターは上達します

ギターの練習はジグソーパズルのようだと僕は思ってます!

一つ、一つのテクニック、プレイ、リズム、理論をジグソーパズルのピースと捉えていき、様々な基礎固めをする事によりピースが繋がり理想の絵が完成すると思います!

基礎練習の中には確かにつまらない練習もあると思いますが、自分の弾きたい曲の為又はギターが上手くなる為と思ってやれば決して苦にはならないと思います(^o^)

今日のポイントはコピーをしている時に上達するのではなくコピーでつまずいた時にやる基礎練習をする事により上達する事にあります!

筋トレをしている時に筋肉はつかないですが、筋トレの後筋肉痛が来て損傷した筋肉を修復する事で以前よりも強い筋肉が出来るのと一緒です(*^o^*)

それでは今回はこれにて締めくくらせて頂きます(^^;;

おやすみなさい

 

(2014年12月10日(水) 6:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メタルバンドで活躍中。ゼロから超絶ギタリストへの道も夢じゃない

ブログ記事 ページ先頭へ