全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター兵庫 ギタースクール スクールブログ 筋トレ。

筋トレ。

突然ですが。僕は結構筋トレが好きです。

もともと線の細いたいぷなんで、もやしみたいな自分がいやで、高校生のころからせっせと筋トレしてました。

そんなこんながきっかけで、何度か遠のいてはまたはじめる。みたいなスタンスで、3年前くらいにはベンチプレスで全国大会に出場できました。
それ以来、またあまりやってませんが。笑。

音楽もある種筋トレだとおもうんです。
ええ。

たとえば、歌でも、使う筋肉と言うのは必ずあるわけで。
ギターにいたっても、それは同じ。

で、楽器練習を筋トレに当てはめると。
まず、はじめたてのころって、腕立て伏せをしても
どこにきいてるのかわからないじゃないですか。
それがすこしなれてくると、よりフォームを意識したり、
きかせるところを意識したりできるようになる。

これ、楽器でも同じだとおもうんです。
ギターの左手のトレーニングはまさにそれと同じだとおもいます。
最初はなんとなくやってることが、だんだん無駄な動きがわかってくるし、よりスムーズに動かすために、どこいじめたらいいか。笑。みたいな。

そして、なにより、筋肉にはマッスルメモリーがあります。
これはたとえば、ベンチプレスで100キロあげれてたのが、半年間なにもしないでいると
当然、もてる重量がおちます。
ところが、以前上げたことのある重量を筋肉が覚えてるんですね。なので、通常のトレーニングをつむよりはやくにまた100キロをあげれるようになるんです。


結局なにかっていうと、ギターもしばらく弾いてなくても、またちょっとがんばれば、もとにすぐ戻せるってことなんです!すごないすか!?これ。


いやー、人間ってほんま素晴らしい!!

 

(2014年12月6日(土) 21:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国でライヴ活動を展開!シンプルに面白く、をモットーにレッスン!

ブログ記事 ページ先頭へ