全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター栃木 つま弾くさとしのわくわくエレキギター教室 スクールブログ バレーコードの...

バレーコードのFは弾けなくても良い?

こんにちは、朝晩冷え込んできたので
みなさん体調管理に気を付けてくださいね。

さて、先日「ちょこっとギター経験者30代男性」と
一緒にギターを弾く機会がありました。

そのとき、好きな曲やギターで弾きたい曲などの話
で盛り上がったんですが

ふと、ギターの弾き方の話になり
その男性が

「おれ、Fのコードで挫折したんだよね」

と、言いました。

ギター弾く方は、わかると思いますが
よく、「上達の壁の“F”」みたいに言われるコードです。

人差し指で6弦全部を抑える形で
やはり、初級者にあたえる “高ハードル感” は
かなりありますね。



ですが、心配ございません。


“Dm”で代用したり、ちがう形のFもありますし
カポタストを使ったり、なにかしら方法があります。


そんなことをしてるうち、指先も硬くなり
力の入れ具合も上手になってくれば、

「あら?いつのまにか F が弾けた」

ってことが、あります。


やはり、上達のコツは、

「10分でもいいので毎日弾くこと」

ですね。



では、また。



 

(2014年10月16日(木) 15:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アルバムも4枚リリース!明るいコーチと上達が楽しめる楽しいレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ